日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【解説付き】ミニマリストが過ごす部屋 一人暮らしを快適に過ごす【30代・男性の事例検証】

 

 

モノを減らしてみたい!という方のために。私の部屋をご紹介します。

部屋の好みはひとそれぞれ、モノの不要必要を考え直すきっかけにどうぞ。

 

1 リビング

f:id:karasumiyama:20200514065045j:plain

普段1人時間を過ごすリビングです。

6階マンションの一室。普段から置いてあるのは、折りたたみテーブル1脚です。

 

この部屋の一番好きなところは、「音が反響すること

入居した初日と同じ。音を吸収するモノが無いので音が響くのです。

自分の声はもちろん、音楽も四方から聞こえます。 

おかげで、私の小さな音楽設備、GoogleHOMEミニも音質がアップしているような気が・・・

 

私の定位置はありません。

PCをいじるときはテーブルの前。

ストレッチや筋トレをするときは部屋の真ん中。

読書する時は部屋の中をウロウロ。

ワンルームながら自由に動けるのが強みです。

 

また、ここまで削ると追加の家具を買い足すハードルが、とても、とても高いです。

どの家具を買うにしても、今と比べると蛇足、余分なモノに見えてしまうからです。

 

体育館に真ん中に本棚がポツンあったら邪魔ですよね?

例えるなら、あの何もない感じに近い。

f:id:karasumiyama:20200515054344j:plain

 

(家具は)なにもないけど、(屋内の広々空間は)ある。

「無いが有る」リビングです。

  • あるもの…テーブル、GoogleHOMEミニ、ChromeBOOK
  • ないもの…物干し台、座椅子やソファー、テレビ、本棚、ベッド

2 窓 際

f:id:karasumiyama:20200514065655j:plain

南向きの窓です。カーテンはなし。5月連休前に手放しました。

 

なので、朝になると日光が入ってきて自然と目が覚めます。

ミニマリストの皆さんのブログを読む中で、カーテンを使っていない人が何人かいらっしゃったんでうが、「日光による目覚め」をメリットとして評価していたのがわかりました。

これはいい。目覚ましに起こされるよりも、日光と共に自分で起きる気分が味わえます。

 

課題は、「外から覗かれてしまうこと」

高層に住んでいるとはいえ、一部見えてしまいました。最低限上部だけ隠せるように映画観賞用に購入していたロールカーテンを流用しています。

 

また、エアコンにつけてある物干しです。見えるでしょうか?

 一人暮らしにピッタリのエアコン取り付けの物干しです。

 

これは今の生活にマストアイテム。

床にスペースが生まれるうえ、エアコンの直風があたるので、乾きも早い。

生まれ変わっても買いたい品です。

将来娘が一人暮らしを始める時には、必ずこれをプレゼントに贈りたい。そう決めています。

www.nogame-nolife.online

 


 

 

f:id:karasumiyama:20200514070315j:plain

参考までに東向きの窓。

隣のマンションと密接しているのでまったく外見えず。この窓必要?はめ殺しで、完全に隠したい気分です。

角部屋なのでこれも宿命なのでしょうか。

  • あるもの…ロールカーテン(ニトリ)、エアコン用物干し
  • ないもの…カーテン

3 クローゼット

f:id:karasumiyama:20200514080630j:plain

クローゼットです。

このマンションはこのクローゼットが魅力的。収納力が高いので、よりリビングがスッキリ、体育館仕様にできます。

入っているのは、寝具一式、服一式、そして小物。

 

まずは寝具ですね。マットレスは先日手放しました。不眠で悩む後輩に譲ったのです。

 

www.nogame-nolife.online

 

もともと床寝に興味があるのと、そしてもう1つ。ここに入らないから。

収納をするために手放しました。

快眠より収納?と思われるかもしれません。

大事です。1つだけクローゼットに収まらない。部屋の中に置かざるおえない。今使わないモノが視界にあるのは心持ちがよろしくないのです。

 

これは実家の経験が大きいかもしれません。

 

私の実家は、昔ながらの和風住宅でした。

一人暮らしを始めるまでは「フローリング」という単語もしらない。板敷きだったのは廊下と台所だけで、あとはすべて畳。そんな家です。

 

寝室という考え方もありません。寝室であり、リビングであり、ダイニング。そんな大きな部屋があったのです。

 

朝起きるとまず布団をたたみ、お茶を飲む。

お茶を片付けたら朝ごはん。

ごはんを食べたら、それを片付けてテレビを見る。

その時々で使うもの「だけ」がある部屋でした。

 

寝具はどうとでもなります。床寝でも構わない。身体が慣れれば快適です。

ですが、収まりきらない寝具が部屋にぽつんと置いてあるのは、四次元ポケットでも無い限り、片付きません。

夜必要なものでも、昼は必要ではない。必要に応じて視界(と意識)から出す。入れる。が集中力や楽しみを生み出せると思っています。

 

長年慣れた寝具を優先させるか、部屋の空間作りを優先させるか。人によって好みが分かれそうですね。

私は空間づくりを取りました。

今使わないものは視界に入らない。そんな生活空間が理想です。

 

f:id:karasumiyama:20200514080655j:plain

こちらがハンガーにかけている服一式です。

 

仕事で単身赴任しているため、スーツと、ジョギングウェアだけ。割り切れたラインナップにできました。

おでかけとか、少しフォーマルな場所はすべてスーツでカバー。

逆にカジュアルな集まりは、ジョギングウェアを着ていけばアクティブな雰囲気が出せます。

TPOはそこまで気にしません。気にしろ!と言うのは一部のアパレル関係の方だけです。

 

昔は3倍くらいあったと思います。

買っていたというよりは、手放すための自分のルールがなかった。

またその時期ごとのPRに流されて買わされていたものばかりでした。

 

季節によって大きく服装を変える必要はない。衣替えは、やりすぎると市場の都合に流される。

流行は買い手の好みではなく、売り手の都合。

 

こう考えるようになってからは、お金も時間も無駄遣いが減りました。

 

好みと書きましたが、私にとっては服はすなわち「制服」という認識です。

あまり時間をかけず、アイロンや、たたむ面倒もかからず。いつでも同じ。これが理想。

目指しているのは故スティーブ・ジョブズオバマ前大統領。職業でいうならお坊さんの作務衣です。

f:id:karasumiyama:20200515062403p:plain

 

服で多くを語らず、思考と実践に集中する。そんな大人に、私はなりたい。

 

 

4 リビング入り口

f:id:karasumiyama:20200514070449j:plain

リビングの出入り口です。

 

ワンルームなので、ここから玄関に直結です。

購入してよかったのは、ネットワーク機器を隠せる壁掛けカバー。これが可愛いんですよね。スマイリーが良い^^

 

f:id:karasumiyama:20200514070606j:plain

 

www.nogame-nolife.online

 


 

 

インターネット機器を手放すとインドア派の私にとっては自宅での住環境が目に見えて悪化します。

これは過去大阪で一人暮らしをしていたときに体感しました。

 

なので、神奈川の住まいではネットへの出費はケチらず、機器を揃えています。

 

またネット機器、小物置き場をすべて「壁付け」にしました。

こうするとスペースを広くとれ、かつ掃除しやすくなります。

 

小物の発信基地はここ!充電も全部ここで完結させます。

定位置を作ることでモノを見失うトラブルはありません。

 

また、ちょっと見えづらいですが、「Remo」というガジェットも設置してます。GoogleHOMEと連携させて、音声入力で家電をコントロールできるツールです。

 


 

「おはよ」

「いってきます」

「おやすみ」

「暑い!」

そうと話しかけると、照明やエアコンをオンオフでできます。

 

一人暮らしで一日過ごしていると、しゃべらない時間が増える。

リモコンを手に取る手間を減らしつつ、口を動かす機会を作ってます。

 

コンビニで「あっ、袋要らないです」と言った一言。それが1日の内唯一の発言、なんてことにならないように・・・

 

  • あるもの…インターネット(光回線)、Wi-Fiルーター、REMO、通信機器カバー、壁付け小物置き場

5 ユニットバス

f:id:karasumiyama:20200514071316j:plain

お風呂場です。

以前はボディーソープを置いていたのですが、ノープーにしたことで、置くべきものがなくなりました。

たまにひげ剃りを使った時は乾かすためにおいてあります。

 

www.nogame-nolife.online

 

何もないので、掃除がかんたん。プールを掃除するよう水を巻いてから拭く(もしくは乾くに任せる)という大雑把な掃除をしています。

バスの掃除だけは別。水をまくだけだと湯垢が残ってしまいます。そのため、専用のスプレー洗剤を使っています。

 

f:id:karasumiyama:20200514071601j:plain

こんな状態で、1ヶ月、半年、1年と過ごしていると、日頃買い揃えていた日用品ってなんだったんだろう?と、本当に狐やたぬきに化かされた気分になります。

 

寝具以上に、無くても困らない物が多い。水回りの買い物は本当に気をつけています。

  • あるもの…元からあるユニットバス機器
  • ないもの…シャワーカーテン、ボディーソープ、掃除用スポンジ

※パイプフィニッシュは、買ってきて1回使い切り。保管しないように心がけてます。

6 台 所 

f:id:karasumiyama:20200514073141j:plain

台所です。

「料理」という家事を手放したので、モノが一気に減りました。

食事は外食。もしくは完全食です。

 

自宅にある食器は

①マグカップ

②完全食(Huel)用のシェイカ

これで支障なく生活できます。

 

あと、唯一の食材として、ピーナッツを常備しています。保存が効く健康食品として、小腹が空いた時にカリカリできるのが良いですね。

 

www.nogame-nolife.online

  

調理、片付けの時間がほぼ0になった分、こうしたブログの更新や勉強に時間を使っています。

  • あるもの…歯ブラシ一式、マグカップ、シェイカー、ピーナッツ、本棚
  • ないもの…調理道具一式、冷蔵庫(未使用)、食材一式、洗剤一式

f:id:karasumiyama:20200514073751j:plain

食器はこれで全部。

 

箸やフォークといったカトラリーもありません。
空いたスペースを据え付け本棚のごとく使っています。

 

f:id:karasumiyama:20200514074440j:plain

台所下です。

 

上と同じく調理器具がない分スペースが空きました。

ペーパータオルがあるのは、普段の手洗いや水回りの掃除はすべてペーパータオルを使っているからです。

使ってすぐ捨てられるので、洗う手間が省ける。加えて衛生的です。

  • あるもの…ゴミ袋、ペーパータオル、保管書類一式
  • ないもの…調理器具一式

f:id:karasumiyama:20200514074741j:plain

未使用の冷蔵庫

備え付けでなければ手放したいんですけどね・・・

 

7 玄 関

f:id:karasumiyama:20200514074822j:plain

玄関です。

昔は「革靴は数足使いまわすといい」と言われ、言われるがままそろえていました。が、今はやめました。生活習慣に合わず、多すぎるからです。

 

内勤になり、革靴を履く時間は1日20分弱(通勤のみ)。普段履いていないので、今は1足で十分です。

常に複数持てばいいではなく、今必要な分だけ持つ。

万人に通用する生活ルールはない(万人に通用させたいのは、売り手の都合)

一人暮らしで学べた知恵です。

 

素材については、革製品は極力選びません。手入れの手間を省くためです。手間をかけて美しい革製品。私にはまだ早い。

ナイロンなどの化学繊維を中心に、自分の身の丈に合った素材を好んで使っています。

 

靴について。

30代に入ってから靴のブランドはアシックス一択です。

ジョギング用の靴もビジネスシューズもアシックス。メンテナンスの良さと、足とのフィット感。そして、「いつでもフルマラソンを走れる」という機能性を買ってます

(スーツでフルマラソンをする機会?まぁ、ないかもしれませんが・・・)

 

あと一人暮らしワンルームでいらなかったもの、「ゴミ箱」。その代替としてゴミ袋を玄関に置いてあります。

数歩で玄関にいけるので、リビングに汚れものを置かないようにしました。

箱も不要。ゴミ袋に入れて、ゴミの日にそのまま収集所にもっていきます。入れ替えの手間を省きました。

 

最初の引っ越しのときにはゴミ箱が2つあったんですよね。当時は何を入れていたんでしょうか・・・

  • あるもの…靴2足(ジョギング用、仕事用)、ゴミ袋
  • ないもの…傘立て、コートかけ、掃除機

8 玄関靴箱

f:id:karasumiyama:20200514080455j:plain

玄関横に据え付けの靴入れ?です。

恐るべき収納量。おかげさまで、生活用品がほとんどこの中に入ってます。

洗濯洗剤、ブラシ、薬、、、そして常食の完全食も収まります。

 

意識しているのはボトルの色と、何があるかひと目でわかるように並べていること。

定期的に全部出して、使っていないものが無いかチェックしています。数が少ないのですぐに確認できるのがいいですね。

 スペースを取るので、トイレットペーパーは2ロールパックを。ティッシュペーパーはボックスではなくてポケットティッシュを使ってます。

 

おかげでこのスペースに生活用品が収まります。

置ける場所がある、だから買い溜めしておく。という発想はなるべく避けるようにしています。

数ヶ月籠城するわけではないので、1ヶ月分あれば十分。

 

逆に買い溜めのデメリットの方が私には強いです。

溜め込んだモノの管理に意識を割く。そのちょっとした時間が積み重なれば、いつでもストックのことが心にひっかかる。

その上、増えすぎると何があるかわからなくなる。

いつでも気になるのに、いつも何がどれだけ家にあるのかわからない。

私はそんな住まいが好ましいとは思いません。

小物もも積もれば山となる、です。

 

ひと目でわかる量であれば何がないか一目瞭然ですし、もっと自分の好きなことに没頭する時間が増えます。

このスペースはそのためのコンパクトストッカーでありたいですね。

 

f:id:karasumiyama:20200514080517j:plain

ストッカーの下部はシューズケース。

 

何足収納させる気なのでしょうか・・・。

今は何も入れていません。入れられるからといってモノをストックする予定もなし。

 

  • あるもの…洗濯グッズ、薬、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、ウェットティッシュ、ブラシ、日焼け止め、食料品(完全食)他 

 

まとめ

写真で見るミニマリストの部屋、と銘打ってご紹介してみました。一世帯の一例として、どんな生活をしているのか?

みなさんのお住いとの比較、参考になれば幸いです。

 

また写真もそうなのですが、赤文字の価値観の部分。どう私がこだわっているのか。その点がみなさんと親しいのか、遠いのかでも、好みが分かれそうです。

みなさんのこだわりは何なのか?そして今の生活はそのこだわりにとって最適なのか?

 

私にとって、ミニマリストは自分の好みや価値観を最適に実践することです。

 

減らすだけにこだわらない。

まずは自分が好きなものを思い浮かべるところから、始めてみてはいかがでしょうか。