日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

人生の勝利とは「お金をたくさんもっている」ことですか? ゲームから学ぶ人生のカチ

勝つとはどういうことなのか?

ボードゲームのサイトで面白いコラムがありました。

 

www.tgiw.info

 「なんで終わった時にたくさんお金持ってる人が勝ちなの?」

f:id:karasumiyama:20201002073512j:plain

人生ゲームを遊んでいる時に、子供から投げかけられた質問。これがTwitterに投稿され、話題になりました。

 

人生ゲームでは、最終的に誰よりもお金を持っている人が「勝ち」、

他の人よりもお金を持っていない人が「負け」です。

 

コラムを読んでもらうとわかるのですが、ボードゲームではお金を勝つための条件にしていないことが多いです。

お金は「保管・交換可能な道具」。つまり手段として、本当に勝つための何かを得るために使われているケースが多いからです。

 

名誉のため、

幸せ(幸福度)を得るため、

他人からのより高い承認を得ること。

 

目的は様々です。

私にとっては美味しいカレーを食べる事、とか、家族との時間を過ごすことがそれにあたりそうです(残念ながらそういった基準が目標になっているゲームには出会ったことはないんですが)

 

スポーツで例えるとわかりやすいかもしれません。

野球も、サッカーも、勝利点(得点)を多くとったチームが勝ちます。

f:id:karasumiyama:20201002073723j:plain

そのチームが世界トップクラスの4番バッターを何億円で獲得したか。名フォワードと何千万ユーロで契約したかは、ゲーム結果に影響を与えるものであっても、結果そのものではありません。

そんな試算をしたら、ジャイアンツは毎年優勝間違いなし。野球ファンとしては興ざめのはずです。

 

ゲームにおける勝利条件はお金だけではない。

同時に、人が生活する上での勝利条件もお金だけではない。

 

これに気づかせてくれる、とても面白いつぶやきでした。

 

ただ、これだけではありません。近年登場しているボードゲームは新しい価値観を提供してくれるようになっています。

それは「協力し、障害を達成できること」を勝ちとする遊びです。

 

全員で勝つか、全員で負けるか。チームプレイを評価するのです。

少し例をあげてみます。

 

2020年ドイツゲーム大賞受賞の一作。宇宙空間でのミッションをチームで疑似体験します(宇宙空間なのでもちろんしゃべることができません!)

 

有名なファンタジーをゲーム化。世界を滅ぼしかねない力を持つ指輪をメンバー全員で火山に捨てに行きます(作品同様、裏切ることも、、、できます)

 

コロナの話題にピタリとハマる感染拡大を防ぐゲーム。メンバーで世界を救えるか、治療薬発見が先か、蔓延が先か。スピードが命です。

www.nogame-nolife.online

 

勝ち方は1つではないと、ボードゲームから教わり、

同時に、勝つ喜びは必ずしも1人だけで味わうものではない、ということも教わりました。

遊びから学べることはまだまだ多いのです。

 

うちの子供も、遊びの中から気付いてほしいものですが、、、それを盤面に熱中している時に語っても野暮ったいですよね。

楽しく学ぶとはなんと難しいことでしょうか。

ただただ、気づくのを待つばかりです。

 

以上、今日はボードゲームから学ぶ人生論でした。

ご一読ありがとうございました。