日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

「人生はどこにありますか?あと、どうやったら良い人生になるんですか?」

 

深夜ラジオで面白い話題がありました。

子供電話相談室の話。「良い人生とはなんですか?」

 


2020.08.31 伊集院光 深夜の馬鹿力

※深夜ラジオ番組ですので視聴は自己責任でお願いします 

 

昨日の深夜ラジオ、伊集院光さんの番組での出会いです。

 

この番組は8割方、くだらない話、昼間話せない話、どーでもいい話を、伊集院さんの話術で300%面白くするコンテンツです。

内容よりも、その話し方がいつも楽しくて、毎週欠かさず聞いています。

ほんとーにくだらない。

でも言葉1つでここまで楽しくできるのは、才能です。伊集院さん、本当にすごい。

 

さて、そんな番組でもキラリと光る話題がありました。

 

伊集院さんが全国子供電話相談室に出た時の話。

電話をかけてきたお子さん(5歳・女の子)からこんな質問をされたのだそうです。

f:id:karasumiyama:20200901073016j:plain

「良い人生ってなんですか。また悪い人生ってどんなものですか?」

 

回答者は3人。さかなくん、はいだしょうこお姉さん、そして伊集院さんでした。

流れで回答は伊集院さんになったそうです。

 

アドリブでいきなり聞かれたこの質問に、どう答えたか?

 

伊集院さん、一瞬困りつつも、とっさにこう答えたのだとか。

絵本って、最後の1ページまで読んでみないとわからないよね。

例えば桃太郎。最後の1ページで鬼を倒せていたら、良いし、

鬼に負けてしまったら悪い。

だから、人生も最後になるまで良いか、悪いかわからないんじゃないかな。

 

これ本当にアドリブ?子供にわかりやすくするために絵本をたとえ話に出すあたり、脱帽します(思わずブログに書いてしまうくらいです)

深夜ラジオは、こういう話がたまに飛び出すから面白いです。

 

 

ただ、これだけで終わらせてしまってはもったいない。すこし広げてみます。

 

伊集院さんが話していたのは「結果」を大事にする人生観です。

最後がそれまでの「過程」がどうだったか、総まとめで決める見方ですね。

桃太郎が鬼ヶ島までの道程で何をしていたかは、、、反省には役立つかもしれませんが、結果によって良くも悪くもどちらにも転びます。

 

ただ、この途中経過も大事だと思ってます。

臨終のベッドで最期の息を吐きながら「良い人生だったなぁ・・・」と絶え絶えにつぶやくのもいい。

ですが、日々の生活の中で「うん、いまいい感じ!」と満足もしたいのです。わがままでしょうか?

 

満足がほしいなら結果、

その場の楽しみを求めるなら過程。

どちらにも意識を向けて日々過ごしたいです。