日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

魅力的な人とは 持ち物や容姿だけに左右されない人柄の話

 

岩手は、日曜日ずーっと大雨で外に出るのも億劫な一日。

ですがそんな天気に逆らって、素敵な考えに出会えました。

ずばり、「魅力的な人」ってどんな人でしょう?

f:id:karasumiyama:20200830184138p:plain

この話題が出たのは、私の先生からです。

オンラインサービス増える中で、社会人向けのサービスも充実してきました。仕事の事や、文章の書き方、話し方といったことを、わざわざ塾まで出向かなくても、自宅で学ぶことができます。

そのうちの1つに私も登録していて、月1回のペースで指導してもらっています。

内容は、プライベートレッスンだけあって、授業らしくありません。最近の仕事の相談や、人間関係。物事の伝え方や、心理面まで多岐にわたります。

聞きながら、こちらも1時間話すことで、仕事の課題が整理がつく。知識だけでなく、問題を自覚できるのが大きな強みです。

さて、その先生と今日話した中で、こんな話題がでました。

 

魅力って何だろう?

 

例えば、話が上手い人。ファッションセンスがある人、そもそも顔かたちが整っている人などなど。いわゆる魅力的な事例を列挙してみたのですが、そこは先生、すぐには頷きません。

曰く、

「それは長くは続かない、もしくは真似できないもの。そういったものを魅力的というのは避けたほうがいい」

 

では魅力的な人ってどんな人でしょうか。

 

その1つの答えとして教えてもらったのが、関心、です。

 

目の前の人に自分の意識を向けている(向けられる)人。そして、その人に自分から近づいていける人。それが魅力的な人である。そう先生は説明してくれました。

 

確かに、目も合わせない、話しかけても来ない人よりは、挨拶をしてくれたり、他愛もない一言をかけてくれる人の方がよい。気が休まります。

職場にいる魅了的な人たちを男女問わず何人か思い出しても、押し並べて人に関心があります。

もちろん勢いは違います。明石家さんま並に言葉が止まらない人もいれば、物静かな人もいる。ですがそういう人でも、朝目を合わせた時に一言から会話が始まるのは同じです。相手を放っておかない。だからこちらも放っておけない。

返報性の原則が働くのが魅力を生み出す原動力なのかもしれません。

 

何を着ているか、何をもっているか。

目に見えるモノで魅力を着飾るのもいいですが、まず身の振り方から。

他人に対して、「あなたに関心があります」と伝えられる大人になりたいものです。

 

とはいえ、そんなことをつぶやく私も来月40歳。まだまだ修行が足りません。