日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

よふかしのうた この作家さん、ミニマリストなのかな?

今日はちょっと短めに。

先週このコミックを読みました。

 

よふかしのうた 不登校の中学生が、真夜中散歩していると、そこに女の子が現れて・・・というボーイミーツガールのお話です。

(生まれてこのかた、ボーイミーツガールは大好物です)

 

物語はぜひ本編を読んでいただきたい!今回触れたいのはそこではなく、環境・設定が、少しミニマリストっぽかったことなんです。

 

1 部屋になーんにもない

 

作中でよく描かれる室内のシーン。基本「何もありません」デスクもイスも無い。

床置きのテレビにゲーム機。それだけです。

 

生活感を削りたいのか、ライフスタイルを強調したいのか。巻を重ねるとその理由が少しずつわかってきます。モノの多少でそのキャラクターを表現する。

「その人を外側から形にする」スタイルに好感がもてます。

 

2 コウさん、その携帯は・・・

 


コトヤマ最新作『よふかしのうた』PV

 

こちらのPV。作中に主人公(コウさん、中学2年生)のスマホが出てくるのですが・・・ちょっと気になることがあります。

これ、ニッチフォンじゃないですか!

futuremodel.co.jp

ニッチフォンといったら、通話、SMSといった少しの機能に特化したスマートフォン。アプリが入れられないので、デジタル断捨離にピッタリな機種です。

何回通販サイトで買おうと思ったか・・・

この1巻でこれに出会った時、びっくりしてしまいました。

 

コトヤマさんの小物選びは面白い。

しばらくおっかけようと思います。

 

今週もお読みいただきありがとうございました!