日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

スマホ&タブレットを手放す夏休み

長年気になっていたやつら。

電子機器を処分しました。

 

f:id:karasumiyama:20200823062855j:image

お盆から少し遅れた帰省です。

 

自粛ムードとはいえ、実家住まいの同僚はお墓参りや親族の出迎えで忙しい。

代わりに遠くから来ている社員は少しずらしてお休みを取りました。

今が私の夏休みです!(すでに娘は少し早い夏休み明けですけれども)

 

さて、そのお休みでやっていることは、断捨離。

自宅でため込んでいた処分品をスッキリさせてます。

その中の1つが電子機器。

過去使っていたスマートフォンタブレット類達です。

捨てるに捨てられず、少しずつため込んでいました。

ゴミと一緒には捨てられない。そこで近くのブックオフに持ち込んでみたところ、シムフリー端末は需要がないらしく、門前払いでした。

手近なところで回収してくれないのです。残念。

 

「捨て方が分からない」→

「いざ手放そうと思っても断られる」→

「しかたない、そんなに場所も取らないから、もう少しためとくか・・・」

 

モノをため込んでしまう悪循環の一例を垣間見た気分です。

もちものの捨て方を心得ておくと、モノの渋滞が減りそうですね。

 

さて今回はどうしたかといいますと、宅配便で送ることにしました。

www.pc819.com

 以前も一度利用したことがあるサービスです。

パソコンやタブレット類を送ると、先方でデータ消去&再利用に回してくれます。

こちらは要らない機器を手放せるし、その機器は資源として活用されたり、修理してリユースされる。なんともWIN-WINな仕組みです。

 

ただ、フォーマットしてあるとは言え、他の人の手に自分が使っていた端末を預けるのはちょっと・・・という方もいるかもしれません。そこは自己責任で。

個人情報保護マーク(プライバシーマーク)を信じるかどうかは、あなた次第です。

 

今年はフリーマーケットにもフラレてしまい、自宅の整理が送れ気味。こういったリユースサービスや近場のリサイクルショップに頼る機会が増えそうです。