日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

搬出10分でスむために 単身引っ越し④

 

今日は岩手県への引越し日。荷物はこれだけ。

あとは、手放してスッキリさせました。

2年前の引っ越しに比べて変わったことは、

「家具の事前断捨離」そして「服の量をもっと見直したこと」です。

f:id:karasumiyama:20200624093706j:plain

【2分で引っ越しをコンパクトにした体験をお伝えします】

 

最後のお別れから一夜明けました。

 

昨日は神奈川県での仕事の最終日。職場のメンバーから送別の言葉をいただき、贈り物も頂戴しました。

コンパクトな品、ゲームにちなんだもの、そしてコロナビール。。。!

普段から自分が何者(なにもの)か、しっかり前面に出しておく。

そうすると、こういう時の感動が一層深まります。

ミニマリスト自称していて良かった体験がまた一つ増えました。

 

その感動の翌日。今日は引っ越しの日です。

ちょうど荷物を出し終えて、退去立ち会い待ち。時間をつぶしているところです。

 

年末や3月といった繁忙時期をずらすと、こんなに時間通りに業者さんは来てくれるんですね。

8:30過ぎと聞いていましたが、本当にピタリ、チャイムが鳴りました。

搬出荷物はまとめていたので、その1まとまりを指差し確認して私の出番は終わりです。計10分の作業でした。

引越し業者さん3人がかりで、ダンボール4つほど。

3人も来てくれて本当に申し訳ない思いです。

特に3人目の方は今日の作業一往復だけだったかもしれません。

 

 

今回は以前から書いている通り、荷物を減らしてから引っ越しに望みました。 

www.nogame-nolife.online  

www.nogame-nolife.online 

www.nogame-nolife.online

 

次の場所がシェアハウスだから、家電製品が要らないというメリット。

そして、以前引っ越した時「運んだけど、結局使わなくなった」家財がたくさんあった。その経験を活かしました。

 

これが前回、2年前に引っ越した時の荷物です。

f:id:karasumiyama:20200624095453j:plain

ダンボール6箱+机や棚、衣装ケース。

これらを大阪から神奈川に運びました。

結果どうだったか。

 

冒頭の写真の通りです。

 

住まいが変わる時には、事前に必要なモノがわかる。

同時に不要なものもはっきりする。

 

これが学んだことです。要らないものを手放しておけば、引っ越しはさらにシンプルになりました。

 

そして今回は引越し先の家財も買わずに済ませる予定です。

www.nogame-nolife.online

 

大きなものは買わずに借りて、他の人と共有する。

持っていった荷物から量を増やさない。

増やす時には使わなくなるものを手放す。

 

このスタイルを実践すれば、引っ越しの煩わしさもなく、気軽に転勤ができそうです。

 

気をつけておきたいのは洋服。

気をつけて置きたいのは服です。

今回も荷物の半分以上は、普段来ている仕事着、ジョギングウェアでした。

他の荷物と違って、1着だけで過ごすことはできません。かといって、靴下が気づかないうちに10足もあった・・・なんて状態も煩わしい。

イチでもなく、多でもない。ちょうどいい量を見極めきれないのが服の難しさです。

「食べる」「寝る」はスタイルが確立してきましたが、「着る」についてはまだまだ修行が足りません。

 

引っ越しは、学びの場。

煩わしくもありますが、同時に片付けと、モノとの付き合い判断するよい機会になってます。

 

 

以上、今日は引っ越し最中の生中継(?)でお伝えしました。

次回投稿は岩手県盛岡市からエントリーします。