日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

ミニマリスト的引越しはどう違う? 3年前のリストに赤ペン先生

 

人事異動が発令されました。今月末から岩手県

初の東北住まいとなります。

引っ越しは慣れていますが、ミニマリストとしての転居は2回目。

初の単身赴任時の引っ越しメモに赤ペンを入れて、当時と今を比べてみます。 

f:id:karasumiyama:20200607084704j:plain

【5分で引っ越しに必要なモノ、不要なモノの参考情報をお伝えします】

 

[https://twitter.com/yosois/status/1268729232990994432:embed#今日は物件探しの旅。盛岡を新たな住まいにします。大阪、神奈川、岩手県思えば遠くへ来たもんだ。桃鉄の気分です。

 

転勤を言い渡されたのが5月25日。

1週間で、異動確定、引っ越し準備となりました。

 

どの会社でも2週間から1ヶ月以内の転居はザラ。とはいえ、慣れるものではありませんね。

人間関係や仕事は次の日にポイっと手渡せるものではないからです。

 

いつも痛みを伴う転勤。仕段取りを慎重に(でもスピーディーに)しなければならない、仕事の1つです。

そんな転勤ですが、前回から少し趣が変わってきたと思います。大阪勤務になるタイミングからミニマリストを自覚し始めたからです。

 

 不要なものはいらない。

 最少限のモノや思考で、最大限の快適生活。

 

そうなると、引っ越しも自然に最少になります。ここ2回はかなり安価な見積もりで転居できたと思います(軽自動車1台で引っ越せます)

 

今回の転居もそんな様相です。

シンプルに引っ越しすると、以前の引っ越しとどれくらい変わるのか。

 

3年前、長野から大阪に転居する時の転居メモがEvernoteに残っていました。

これに赤ペンを入れながら過去の自分と比べてみたいと思います。

 

==ここから==========================

 

概要 2017年3月中に長野の自宅から大阪江坂駅近くに引っ越す

 

計画・スケジュール

 

予算 毎月40,000円以内 

 

→今回は4万後半にしています。共益費の1万円含んでこの価格。

この少しお高めの共益費。その理由は「シェアハウス」を借りたから。

 

f:id:karasumiyama:20200607100335j:plain

  水道・ガス・電気・ネットの契約が不要。

  シャワールーム、ダイニング、トイレ、洗面台が共有。 

 自分だけのモノを極力減らせば最低限に集約される

 当時はその発想がありませんでした。

 

 あと毎度のことですが、家賃は極力安いところにしています。

 あとから変更が難しい高額な固定費だからです。

 食費や電気代は自分の努力で節約できますが、家賃変更は交渉事。

 まずうまくいきません。

 安い固定費(配信動画)と、高い固定費(家賃)は似て非なるもの。

 生活を圧迫するので要注意です。

    

費用 <省 略>

 

一時金 転居代
    保証金
    敷金
    赴任時旅費
    会社一時金

その他 事前に大阪に訪問できる

    ●ヶ月に1回帰省代が出る

    転居時の休みが1日出る

_____________________

 

転居先条件

 

① 近い・・・・支店1km以内 駅から10分以内 その他図書館・公園・喫茶店など

② 安い・・・・コミコミで月50,000円以内

③ 狭い・・・・20㎡前後

④ 使いやすい・クローゼット有り・エアコン有り・インターネット契約不要だとなお良い・水道ガスはダメか?

 

→転居先の「場所」を考えるポイントは昔からそれほど変わっていません。

  生活を豊かにする施設(行きつけ)があること。加えて、通勤時間が短いこと。

 

  普段使わないようでいて、公園が近くにあると、ジョギングや散歩が楽しめます。

  趣味というレベルでなくとも、本当に息抜きで利用できる。

 

  あと、勤務地からの距離。

  離れるほど、生活の質が比例して下がります。

dime.jp

 

  土日は週2日、平日は週5日です。

  2.5倍大事に考えた方が、1年通じてより生活品質が高まる。

  平日重視で生活を考えるのは以前から変わりません。

  (遠くへ勤務する生活がよほど嫌だったんでしょうね・・・)

 

 

転居時のポイント

 

家具は最小限借りれるものはすべて借りて「ものを増やさない」 

 ◯済)洗濯機(小型)・スタンディングテーブル 

 ✕冷蔵庫・電子レンジ・テレビ・ベッド

 

→あれ?これは記憶違いでした。

 この頃は、まだ「最低限」という意識が弱いと思っていましたが、無為に増やさない

 という試みは引っ越しの段階から始めていたようです。

 

 初の単身赴任ということで「いつか戻るからモノを増やしたくない」という予想が

 働いたのでしょう。

 

 とはいえ、3年経っても、まだ自宅には戻りません。

 3年前の自分に伝えたいものです。

 「心配ご無用!当分戻る心配はいらないよ」、と。

 

 

□会社に確認すること  <省略>

 

❏参考情報

 

ゴミの分別

http://www.city.suita.osaka.jp/home/gomi-bunrui.html

 

引っ越し方法(単身パック)

引っ越し本舗になるように見積もり 

✕引っ越しのサカ●・ア●さんマーク(ブラック)

→変更…引っ越し本舗で70万円なのでだめ。

 ヤマト単身パックにする。

 

→引っ越し業者でもいろいろ考えた跡があります。

 

 ポイントは、

ブラック企業」と呼ばれる会社は利用しない

 以前利用して心象が良かった業者に頼む(このときは失敗しました)

 

 モノやサービスそのものだけではなく、それを提供する会社の背景も大切に

 しています。

  「社員や環境」にいい影響を与えているか、

  その会社にお金を払ったら最終的に悪事に加担することにならないか。

 少し調べてみると、避けたい業者はすぐに見つかります。あとはそれ以外を選びます。

 

 

 当時は3月の転居ということで高値シーズンでした。

 会社負担とはいえ、最高価格は忍びない。そこで安価な単身パックへ切り替えました。

 大型家電がないとびっくりするくらい安くなりますね。

 当初受け取った70万円の見積もりから、単身パックにしたところ見積もりは2万円弱。

 35分の1まで割引きです。

 今ならもっと安く引っ越せるかもしれません。

 

❏やめること <省略>

 

❏手続き

不要 水道

済 ガス

済 電気

済 ネット

✕住民票


______________________

 

 

❏買うもの

 
→ここが今回の勘所。
  
 このリストは今と全く違います。
 
 初の単身赴任で、準備を周到にすすめている様子がわかりますね。
 
 しかし、今見ると無駄が多い。
 
 ほとんど後で手放すものばかりです。
 一般的な「イメージ」を優先させている。
 「自分にとって必要なのか」わからないまま、
 一人暮らしにありそうな物を揃えています。
 
 自分の生活感をここから見直す。分水嶺です。
  

(済)ネクタイホルダー1つ      →手放しました

(済)ベルトホルダー       →手放しました

(済)室内干し(ベルメゾンか?) →床置きからエアコン固定のモノに買い直し

(済)革製品手入れグッズ     →手放しました

(済)ファブリース        →手放しました

・裁縫道具            →手放しました

(済)ランドリーケース      →使い勝手が悪く、別モノに買い直し

 

(済)紙コップ          →今はストックしていません

(済)紙皿・割りばし       → 同上 

 

・カトラリーをまとめるもの(食べるためだけ)

   (済)ふきん              →ペーパータオルに切り替え

(済) 湯沸かしポット(コーヒー向け) →手放しました

 

  (済)ボックスティッシュ    →ポケットティッシュに切り替え

(済)カーテン(シャワー)     →手放しました

(済)シャンプー・ボディーソープのセット →手放しました

(済)クイックルワイパー他清掃用品(トイレ・風呂・フロア) →手放しました

・商談用バッグ(ポーター タンカーレザーのブリーフケース) →★革製品をやめて別の品を購入

(済)小型洗濯機 →使い勝手が悪く、通常の洗濯機に切り替え

・折り畳みテーブル(アイロン台兼ねる)

(済)ドライヤー   →手放しました

(済)スチールラック(デスク代わり) →手放しました

(済)照明器具(サーキュレーター機能付き) 

 

当日追加

(済)ごみ袋

・水道の口と振動を抑えるゴム×4(洗濯機用)

(済)洗剤と柔軟剤、エリ要洗剤

 

❏持参するもの

 

(済)スーツ     3セット+スラックス

(済)革靴      2足

(済)サンダル    1足

 

・ランニング   1足
・ネクタイ    20本 →惰性で持っていたものを手放して、お気に入りの5本にしました。
・ベルト     2本
・下着      1週間分(シャツ・ボクサーパンツ・黒靴下)→3日分にしぼってます。
・部屋着     2セット
ジーンズ    1本
・ランニング用  1足
・Yシャツ    7着(カジュアル含)→3日分にしぼりました。
・衣装ケース   1つ   →手放して、ハンガーから吊るすストッカーに切り替えました
・タオル     7枚以上 →3日分に
・コート     1着   →外回りでも、冬場でも不要だったため手放しました。
・カジュアル上着 1着   

 


プロテイン
・食物繊維
タブレット
ブルックスコーヒー
ソイジョイ
カップラーメン      →日々の食生活はHuel(完全食)にまとめています。

 

・マグカップ   1つ


・箸       1膳   →手放しました
・カトラリー   1式   →手放しました
・缶切り     1つ

 


・簡易工具(ドライバーなど)

・ひげそり・ワックス・歯ブラシ・歯磨き粉などのアメニティー

(済)傘       1本

(済)コロコロ    1セット   →手放しました

(済)カーテン    1セット(遮光ではないが・・・) →手放しました

(済)アイロン           →手放しました

(済)座禅用座椅子     1個  →手放しました

(済)布団1組

(済)つっかい棒とS字フック

・体重計

・安全ピン10本ほど(カーテンの長さ調整)→手放しました

・タップ4口 

 


・PC      1台+会社PC
・充電器     1セット(アンドロイド・iPhone
・バッグ     2つ(リュック、出張用ボストンバック)
・仕事書類    必要なだけ

・書籍      ダンボール1つまで

 
==ここまで==========================
 
3年前のメモから、自分の今を見返す。
過去のちょっとした記録が役に立ちました。
 
以上、今日もお読みいただき、ありがとうございました!