日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

捨てる量が減らない生活はミニマルなのかな?

実家に帰省しない生活を1ヶ月続けると、意外なほどゴミを捨てていることに気づきました。

家にモノが無い、けどゴミは出続ける。

これはミニマルなのかな?と自問自答します。


www.lohasclub.org

f:id:karasumiyama:20200424074620j:plain


【2分で読める記事です】

 

平日3日間で買い物袋2つ分のゴミ。

これは多いでしょうか。少ないでしょうか。

中身は、ほとんどがコンビ二で買ってきた食品の包装紙です。

 

これまでは自宅と赴任先を行き来する生活でした。

なので、自分の生活スタイルが、どれだけ廃棄物を出しているのか、目を向ける機会がありませんでした。

 

溜め込まないようにこまめに捨ててはいるものの、実際の量を評価していなかった。

意識を向けていないと、気づくことも少なくなる。怖いものです。

 

このゴミ、1人暮らしにしては多いと思います。

その理由は、私が自炊しない生活をしているからです。

調理道具や食器類はもっていません。

一般的な食事を自宅で取ろうと思ったら、器から箸まで使い捨てでそろえる必要があります。

 

なので、時勢柄外食を控えるようになり、自宅での食事が中心になると、どうしても他の人が出さないゴミが生まれる。結果、ゴミ袋が余分に増えてしまうのです。

箸を持っていないのは辛いですね。この1週間で2回、箸がなくてコンビニにUターンしてしまいました、、、無駄な動きでした(泣

 

なるべく少ないモノで生活、と日々考えているのに、ゴミの量だけは人一倍ある。

 

部屋にモノが無ければそれでいいのか?と考えてしまいます。

 

生活に最適なものに囲まれて生活する。というのが今のモットーです。

しかし、それは持ち物だけでない

手に入れるもの、捨てるものも最適であった方がいいのでは?

と改めて気付くにいたりました。

 

この点にも配慮しなければ、自分の周りだけよければいい、個人的な執着だけになってしまうからです。

大量生産大量消費、社会や環境のことはどうでもいい、こんな考えと変わりありません。

自分の生活を「自分にとって」快適な環境する。

かつ、「身の回りの社会」も存続できるように最適化する。

これが、生活スタイルを見直す今後の理想、指針です。

まずはコンビニ弁当の数を減らすところから始めます。

 

今日はゴミの量もミニマルにしたい、という気付きの話でした。

ご一読ありがとうございました。