日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

オンライン・セミナーで学ぶ「自宅勤務」と、「みんなで新しいことをする」作法

先週末半日参加した、セミナーのお話です。

 

仲間で新しいこと(プロジェクト)を進める時、どうすればいいか?

この時期自宅でずっと1人で働く時に注意点は?

働き方を変える。勤務時間をゼロにする。

気になる2つのポイントを紹介いただきました。

jbug.info

 【4分で読める記事です】

 

2月末週末、東京に向かう予定でした

BacklogWorld2020に参加するためです。

バックログワールド、プロジェクトを管理するためのシステム、Backlog。

このシステムを中心に、

「仲間と新しい仕事(プロジェクト)を立ち上げ成功させるためには?」

このテーマで、IT社長、教授、起業家のみなさんが連続でセミナーを開催する。

とても期待できる話題だったんです。

 

プロジェクトの成功率は26% ー日経ビジネス2018年3月8日

 

こう言われるほど、新しい仕事は成功しない。予定どおりに運びません。

 

私も関わったプロジェクトで、成功した!とはっきり言えるものは、、、、片手で収まってしまいます。

 

準備段階から、担当決めまでグダグダ。プロジェクトが無くなったことすらわからないことがありました。

6回ぐらい会議をしてから「ところで、この会議の目的なんでしたっけ?」というとぼけた質問したこともありましたね。

今思うと、前半5回はどんな気持ちで参加していたのか、、、恥ずかしい限りです。

 

成功体験が少ないので、「これのおかげでうまくいった!」という知恵も少ない。

今回のようなセミナーから少しでも成功率を上げよう!と意気込んでいたのでした。

 

ところが延期

 

新型コロナの影響で、開催が伸びてしまいました。

この時期はイベントが軒並み中止、延期になる時期でしたので、仕方がありませんでしたが、、、残念至極。

久々に自腹でも参加したいセミナーだったのです。

 

 ところが

そんな意気消沈した心持ちでいたところ、この気持ちに応えてくれるかのようなメールが届いたのが4月でした。

緊急、オンラインで実施というではないですか!しかも無料。

YouTubeで視聴し、Twitterでコメントも残せるそうです。

小躍りして申し込ませていただきました。

 

オンラインでしっかり学べた?


Backlog World 2020 re:Union #JBUG

さて当日です。

5時間超えの生中継。YouTubeをこの長時間観たのは初めてです。

登壇者は変わらないものの、テレワーク(自宅仕事)についてのテーマが増えたのが印象的でした。

 

まさに今回のイベントがネット開催になったのも、新型コロナが要因です。

「自宅でプロジェクト」が当面(今後?)当たり前になる

この流れを確認するいい機会になりましたね。

自分の職場も追随しないといけません。がんばろ。

 

 実際、役に立つ情報は得られるのか、大切な点です。

これは、イエス

実際に足を運ぶのと同等の話が聞けます。

 

手元のパソコンで話が聞ける。

現地よりも整った環境(PC2台+スマートフォン+ノート)で情報を調べながら、パソコンでメモを取りながら聞けるので、後から復習しやすいです。

 

実際に現地にいかないので、対面でご挨拶できない。

これだけがネックでしょうか。

 

ただこの点も、Twitterでの繋がりや参加者一覧を公開するなど、通常のセミナーではみられない配慮が行き届いていました。

名刺交換がなんかできない、恥ずかしい!という人にはこの方がいいかもしれません。

 

役に立った情報は?

www.evernote.com

Evernoteで前半部分をメモしました。お役にたてば幸いです

 

テレワーク(自宅勤務)

コミュニケーションの大切さ。普段から職場で当たり前とされているところですが、自宅勤務同志ではより強調されるようです。

確かに、目の前にいないわけです。

今何しているかわかりません。

サボっているかもしれない。

ゲームに興じている可能性も捨てきれない。

 

「相手を基本的に信じるしかない」

 

信用せざるおえない、仕事形態です。

そんな中でも、常時ネットワークチャットをつないでおく。独り言もお互い聞ける環境にしておく。

これが1つの対策になるそうです。

 

相互監視というと聞こえが悪いですね。常に話せる環境にしておく、ということです。

職場にいる雰囲気を少しでも残しておくと、緊張感を少し保ちつつ仕事ができます。

 

プロジェクト

プロジェクト(初めての仕事、期間限定の特別任務)を成功させるポイント。まさに私が今知りたい内容でした。

うなづき連続の中で一番印象的だったこと。それは、

最悪のパターン、からさらに悪いパターンまで想像を広げておくこと

ありとあらゆる可能性を心配(心を配って)して、少し病的なまでに備えておく。それが成功の近道というところでした。

 

先日読んだ行動心理学の本でも、「人は計画する時に必ず楽観視してしまう」という話題があったのを思い出します。

 

Think Smart 間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法

Think Smart 間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法

 

 

初めて何かに取り組む時、まだ着手していない段階では、「なんとかなる」と軽く見てしまいがちです。

それではチームで行動する時に危ない。

いざ想定外のトラブルに対面した時、狼狽するだけです。

 

考えられるトラブルに備えておく。

自分の想像が足りないと思ったら、仲間にも考えてもらう。心配と、そこから生まれる備え。この前準備の大切さを学びました。

 

人から学ぶ場所は、対面だけでも、本だけでもない。

動画、配信から学ぶいい機会になりました。

 

 

以上、オンラインで学ぶプロジェクトセミナーレポでした。

長文お読みいただきありがとうございました!