日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

話題がコロナだらけ「集中すると拡大する」というのは本当のようです

仕方ないとはいえ、マスメディアが新型コロナ一色にそまると意識も話題もそまっていきます。まるで虫眼鏡です。

適性な配慮をしたいもの。それ以上は不要な心配になりませんか?

f:id:karasumiyama:20200406071331j:plain

【1分で読める記事です】

日経新聞電子版のトップ10記事の内、コロナ関連は8記事。

職場では毎日コロナの打ち合わせ。同僚、友人との話題もコロナ、コロナ、コロナ。

 

意識がどれだけ新しいウィルスに向いているかわかりますね。

それもそのはず、働いている人、学校に行っている人、はたまた引退された年配者にまで。対象を制限せず命の危機。

自分の生存が危うい時に気にしていなかったら、とっくに人類は絶滅していたでしょう。危機への反応は自然な本能です。

 

家が燃えている時に、明日着ていく服は気にしないのと同じでしょうか。そのくらい、今世界は切迫しているようです。

f:id:karasumiyama:20200406074917j:plain

 

しかし、どこまで集中すれば良いのでしょうか?

程度があると思うのです。

呼吸を忘れるまで?寝食を忘れるまで考えていないと危ない?

その思い込みは危険です。アナフィラキシーショックのように、過剰な反応は自分自身を壊してしまします。

 

「夜コロナのニュースを見ていたら心配で眠れなくなった」という同僚がいます。

おそらく見ている記事は同じ。ですがその量と受け止め方が違うのだと思います。書かれている内容を自分に当てはめて、自分が感染し、感染源になり、重症化し・・・と悪いスパイラルに陥っている。

f:id:karasumiyama:20200406074447j:plain

心持ちが悪く変わる(コロナのことでいっぱいになる)

心持ちが変われば、身体にも悪い反応が出てしまうのは自然な反応です。

 

情報量を減らす、受け止め方を変える。どちらかを改善する方が健全です。

 

 

先日、ある先生から「集中すると拡大する」という言葉をもらいました。

 

ほとんどの人にとって些細なことなのに、感情を昂らせる人がいるのはなぜか?

それは、「集中している」から。些細であるかどうかは万人共通ではありません。あくまで主観的なものです。

1人で意識を向ければ向けるほど、それは大事なものに変わるのです。

 

新型コロナについても、どこまでその虫眼鏡を当てればよいでしょうか。

命にかかわることだから、無視は危ないですね。

とはいえ、24時間覗き込んでいても身体に悪い。

ほどほどに目を向けて、心の健康にも配慮したいものです。

 

3密を避ける、外出時の配慮をします。仕事をしている人は、支障がでないように段取りします。

そして、そこまで!

 

あとは、日々の生活、家族、友人へ「いつものように」虫眼鏡を向けてみませんか。

私も、コロナに関わる記事は、投稿の2〜3割になるように調整したいと思います。