日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

4月から一人暮らし、単身赴任を始める人へ せっかくだから「モノのデトックス」お試ししませんか?

 新生活。学校や仕事が大きく変わる季節です。

住まいも変わる人も多い。そんな季節だからこそ、「ミニマリストトライアル(お試し)」をオススメします。

f:id:karasumiyama:20200324064744j:plain

www.nogame-nolife.online

 【4分で読める記事です】

3月といえば、桜、卒業。暖かくなりつつ、別れの季節でもあります。

そして、次の生活へ。新年度、新天地に向かわれる方、多いのではないでしょうか。

 

かくいう私も、ちょうど3年前は長野から大阪へ単身赴任が決まった頃。

驚きと不安がないまぜになっていました。

 

その時期のエントリーを見返してみると、自分がなんでミニマリストに目覚めたか、その原点を探ることができて面白い。

 

これから新しい生活を始めるみなさんにも、ぜひご紹介しておきたいです。

新生活に「ちょっとプラス」ではなくて「ちょっとステイ(待って!)」

ミニマリストお試しのご提案です。

 

少なめのモノで生活を始める

まず引っ越す時に考えがちなのが、今の生活の水準を維持しようとして、家具家電を「買い揃える」という行為です。

新しい生活、新しい場所。そして新しい家電!

ニトリやイケアで車に載らないほど買い揃える。

(財布を気にしなければ)ワクワクが止まりません。

 

ただ、本当にそれ毎日使う?必要?というものもたくさんあります。

1人暮らしならならなおさらです。

私は今ある家具家電全部を、新しい住まいで揃えなくても良いのでは?という立場です。

つまり、第二の実家を作るのではない。自分が生活するための、新しい住まいをデザインする、ということです。

 

なぜなら、その家の広さや住む人数が違うから

理由は、広さと人数です。

まず広さ。実家から引っ越す方はなおさらですが、一戸建てから7畳ワンルームに引っ越すようなケースがほとんどだと思います(家族ごと引っ越すなら別ですが)

となると、全く同じ量の家電家具は、、、置くこともままなりません。要不要以前に、部屋が埋まってしまいます。

 

次に人数です。

家族と過ごしていたなら、その家は2人。3世代家族であれば5人で暮らしている家だったはずです。

その家で必要だった家具家電は「2〜5人分」の量。つまり、1人とっては「多すぎる」ということになります。

二分の一、五分の一とは言わずとも、何割かは削れると思います。

 

まずは少なめのススメ。これを買うのはちょっとまって!

広さと人数。これを踏まえて、1人暮らしスタート前に「すぐに買わなくていいんじゃない?」という品をリストアップしてみました。実際にはもっとたくさんありますが、今回は4つご紹介します。

 

1 掃除機(買うのちょっとまって!度★★★)

f:id:karasumiyama:20200324072820j:plain

ちょっと買うのまってシリーズ、一番乗りは掃除機です。

ワンルームには過剰な掃除力。買ったものの使わず、ホコリをかぶっている同僚を何人も見ています。

 

私は自宅でもほとんどクリーンシートとモップだけで掃除しているので、掃除機のオーバースペックを体感していました。使う頻度が少ないのです。

 

ワンルームフローリングならば、クリーンシートで十分に汚れが落とせます。

リンレイ オール 床クリーナーシート 8枚入

リンレイ オール 床クリーナーシート 8枚入

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

すごい吸引力!だからと言って自宅に必須ではありません。そもそも、一人暮らしの家の中、その吸引力が必要なほど汚いですか?

この性能が求められるのは、毎日多人数が出入りする場所でしょうか。

もしみなさんの新しい住まいに、友人・同僚が毎日遊びに来るのであれば、必要になるかも、しれません。

 

 2 電子レンジ(★★☆)

f:id:karasumiyama:20200324072913j:plain

生活スタイルによって全く利用せず、お荷物に。

仕事で残業が多く、外で食べることが多い。学食など安価で食べられる場所がある。そういう人には不要です。

「あれば便利」と、「なくては困る」は別物。

電子レンジは前者ですね。

自宅で食べる機会が多いかどうか。まだわからないようであればちょっと買うのは控えた方がいいかもしれません。

3 冷蔵庫(★☆☆)

f:id:karasumiyama:20200324072937p:plain

家電3種の神器に数えられる品ですが、神器だからといって、欠かせないものではありません。新天地にはヤマタノオロチはいないです。

これも電子レンジと同じ。自宅でどのくらい飲食するかによって決まります。

とはいえ、電子レンジに比べると、ジュースや水、お酒を冷やしておきたい(保管機能)があるので、ニーズは高いかもしれませんね。

自炊はしない、けど冷たい飲み物は飲みたい!

と言う方には需要がありそうです。

 

私も、最初の2年は使っていました。

今は冷たい飲み物はコンビニで買う、というスタイルにしたので冷蔵庫無し生活です。慣れてしまえば困ると感じることもありません。

 

4 ベッド(★★★)★

f:id:karasumiyama:20200324072959j:plain

買わない家具大本命。ベッドです。

 

ミニマリストさん達の記事を読んでいても、まず手放す家具。

よほどの思い入れがない限り、まず購入する家具ではないと思います。理由は2つあります。

 

1つ目は大きさ。模様替え、引っ越し、廃棄に手間がかかるからです。

自分が横になるサイズが必要不可欠なので、「コンパクト」になり得ません。

なので、結果的に部屋の五分の一を占拠してしまう。折り畳みタイプでもないと片付けもままならない。狭い部屋が、より狭くなってしまいます。

家賃が6万円だとしたら、毎月12,000円をベッドを置くために払いますか?

自分が使えるスペースを考えると、そこまで毎月支払う価値があるか。自分の生活スタイルを考える時に、その家具に支払う家賃を考えると面白いです。

 

また、サイズが大きいというデメリットがあります。2回目引っ越す時や、要らなくなった時の廃棄に手間がかかる。

ですので、「とりあえず買う」よりも、「いったん買わない」でいた方が、後で困らずに済みます。

 

2つ目は、マットレス・布団で代用がきくからです。

1人暮らしの部屋は、家族の家に比べて狭いことがほとんど。そのスペースを効率的に使うためには、おきっぱなしの家具よりも、「使うときだけ出せる」家具が効果的です。

また、特に一人暮らしの時は、部屋が汚れていても気づいてくれる人が自分以外にいないことが多い。

おきっぱなしになりがちな寝具類はメンテナンスしやすいモノをお勧めしたいです。

 

以上。1人暮らしミニマルライフのお勧めでした。

 

買うよりも、まず見送る。

本当に自分にとって必要なモノを見極めてからでも買うのは遅くありません。

意外に生きるために必要なものって少ないのです。

生活の見直し、ぜひお試しください。

 

今日もご一読いただきありがとうございました^^