日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

ピーナッツをカリカリ 健康に最適な主食&おやつです

 

今月おやつに食べているピーナッツ。栄養満点です。

でも食べ過ぎにはご注意。カロリーもすごいのです。

item.rakuten.co.jp

【1分で読める記事です・2020年5月8日更新】

ピーナッツといえば、スヌーピーを想像するでしょうか?

今回は作品ではなく、食べ物。最近毎日食べている「豆」の話題です。

 

いつも購入しているカリフォルニア堅果さんで、バターピーナッツを大袋で購入しました。

 

きっかけはネットの健康記事。

もともと豆類の栄養分の高さは定評があり、定期的に食べていました。

 

その中でも、ピーナッツの健康に対する効用をさらに読む機会があったのです。

www.denroku.co.jp

油の塊、でもその油は体にいい飽和脂肪酸が大部分。

アミノ酸やビタミンも豊富。

そして何より、常温保存ができる。

 

この最後の「保存性」が大事です。

一人暮らしですと、足が速い食材を管理するのが手間になるからです。

 

だから、今の赴任先では冷蔵食品は買い貯めていません。

水に溶かす粉物や、豆類など。長く保管できて、さらに体に良いモノを選ぶようにしています。

 

飽きてしまうという心配の声があがりそうですが、そこは大丈夫。お昼は基本外食です。

朝、夜を素食に。昼は美味しく食べてバランスをとっています。

 

絞るところは絞る。楽しむところは楽しむ。緩急をつけると、体にも心にも良い食生活が送れそうですね。

 

豆を主食にしていると言えば、修験者やお坊さんなど「修行している人」が思い浮かびます。 

あの人たちも、厳しい修行!といいつつ、体には良い食べ物を選んでいたのかもしれませんね。

 

2020年3月21日追記

ピーナッツのことをもっと研究しようと思い、こちらの本を買いました。

1日30グラムずつ食べると、病気になりにくく、美容に良い。

また運動の前後にも効果的。最後の運動に絡めた記事は関心が高まります。

 

ただ、ちょっと失敗しました。

私が買ったのは薄皮付きピーナッツではありませんでした。

薄皮部分にポリフェノールの一種、レスベラトールが含まれているんだとか。そこが特に大事な栄養だそうです。

赤ワインが体にいい!と言われ、間違えて白ワインを飲んでしまった気分。残念。

 

次買う時は間違えない。薄皮付きを選びます。