日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

「親の背中を見て育った」と感じる30代、そういえば、両親の持ち物は最適化されていた

ミニマリストを考え始めるようになってから感心することがあります。

それは、実家です。

昭和を過ごした家、豊か=モノがあるという時代にあって、無駄なモノが少ないのです。

生活に必要なもの。そして趣味・仕事に必要なモノがはっきり区別されている家でした。

自分が目指している住空間は、それを後追いしている。自分の振る舞いは数十年後、娘、息子に影響を与えるかもしれません。

f:id:karasumiyama:20200307055841j:plain

【3分で読める記事です】

 

家の中はスッキリ、ただし私の汚部屋は除く。

そんな1990年代を思い出します。

私の実家は、長野にあります。そんなに広くありません。

なんとか3世代で暮らせる程度。一時期は、兄、姉含めて6人すし詰め状態で暮らしていました。

 

昔ながらの日本住宅ですので、ベッドを置くような雰囲気は微塵もありません。

フローリングという単語をしったのは20代に入ってから。代わりに仏間がありました。

昭和が舞台のドラマを録るにはピッタリです。

 

そんな部屋を思い出すと、同居していた母親の振る舞いが同時に浮かんできます。

とにかく、片付け好きな人でした。

 

そもそも、居間が同時に寝室でしたから、片付け無いと生活スペースが生まれません。片付けありきの家であったことも幸いしてか、とにかく片付けていました。

布団をたたみ、部屋をスッキリさせ、朝のお茶、朝ごはんです。

 

掃除機もよくかけていました。

その時に邪魔になっているものといえば、ほとんどが私のおもちゃ、ゲームの類です。

f:id:karasumiyama:20200307061620j:plain

(散らかし放題の小学生時代、このガキが〜〜!)

 

散らかっているものは私のもの、逆をいうと両親が散らかしているシーンを見たことがありません。

子供を3人も育てながら、すごいものだな〜と今更ながら感心します。

こちらは核家族4人で散らかり放題なのに。

 

その功労者は母親です。私の家系にあって、初代ミニマリストかもしれません。

とにかくモノは少なく、片付ける。要らなものは捨てていました。

小さいときに、「これもういらないでしょ?捨てたら??」と何度言われたことか。

 

ただ、その言い方が災いしてか、逆にモノに固執するようになってしまいました。

 

執着が少しゆるむのは、それから30年後。三つ子の魂100までです。

押し付け過ぎない。言い方に気をつけないといけません。

 

では父親どうだったか?

片付けを積極的にする人ではありませんでした。昔ながらの亭主関白でしたので、家事は基本的にしない。

仕事をする以外は、居間の上座に座って本を読むか、、、、プラモを作る。趣味の人でしたね。

 

ただ、モノは散らかっていませんでした。

理由は職場にあります。

自営業でしたので、個人事務所を別に構えているのです。趣味のモノは全てそこに集約されています。プラモ、小説、漫画、B級映画傑作DVD集、、、、

当時から、仕事道具はどこ?というくらい棚が埋まっていたのを記憶しています。

横山光輝やさいとうたかおの名著。聞いたこともないようなB級映画はすべて事務所で体験しました。

 

そして、整理整頓されていました。

モノはたくさんある。でも、カテゴリーが集中され、整っていたので、散らかっているように見えない。まさにコレクターの部屋です。

 

 

母が初代ミニマリストにして、

父は歴代のマキシマリストの1人、といったところでしょうか。

いずれにしても無為に散らかった部屋を経験しませんでした。

 

今思うと、この2人のライフスタイルが、数十年経って私のライフスタイルに多大な影響を与えています。

モノを少なく生きる、でも趣味は人生を豊かにするからそちらにも手間暇をかけたい。

結果、

全体はミニマル(最小)に。

個別の趣味はマキシマル(最大)に。

二刀流の思考をしています。

f:id:karasumiyama:20200307063931j:plain

そして今のスタイルに違和感を覚えません。

生き方の違う2人の過ごし方を生で見ていたので、ちょっとした安心感があるのかもしれません。

 

ちょっと未来の話。

自分の振る舞いが、将来娘と息子にどれだけ影響与えるか、考えてしまいますね。

投げかけた言葉以上に、自分がモノとどう付き合っているか。理解するよりも先に感じることでしょう。

 

ライフスタイルの良し悪しを頭で判断する前に、

家の中とはこういうものだ、と脳に刻み込まれる。

 

さながら卵から生まれた雛鳥が刷り込まれるようです。

f:id:karasumiyama:20150305120849j:plain

人生をより良くする生活様式は、教科書よりも心に残る。

数十年後、子供に遺る知恵になるかも、しれません。

 

 

以上。今日は自宅待機しながら思い出した、家族の話でした。

みなさんはどんな部屋で子供、家族に伝えていますか?