日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【習慣】華麗三昧 いい思い出はカレー味がします

習慣作りの1つに食生活があります。

それはカレー。頑張った日、くたくたになった日、今日はいい日だー!としたい時にカレーを食べます。

大好きなのはもちろん、この習慣には裏の目的が、あります。

f:id:karasumiyama:20200304214459j:plain

(新宿西口 カレーハウス11イマサのジャンボカツカレー、ほんと大きい)

【2分で読める記事です】

 

20代〜30代の前半まで、接客業の仕事をしていました。

早朝出勤あり、深夜残業あり。段ボールを床にしいて仮眠をとるような職場です。

今だったら数ヶ月もたないだろうな・・・という無茶なルーチンワークでした。

若いとはいえ、ドリンク剤に頼るような日々です。

 

そんな時、楽しみにしていたことがあります。

それがカレー。お給料が入る日は、奥さんがカレーを作ってくれる約束になってました。

うちのカレーはチキンカレー、にんにく入り、じゃがいも後のせです。

家に帰る前から、「今日はカレーだ〜!」と楽しみに帰ったものです。お給料よりも人生のウェイトが高い晩ご飯でした。

 

そんな思い出のカレーを改めて習慣づけしています。

 

www.nogame-nolife.online

 

f:id:karasumiyama:20200303115255j:plain

相模原駅前のバズの牛すじカレー、肉だらけです♪)

 

週3日以上食べる習慣づけです。

加えて、食べるタイミングがある、ちょっと大変な仕事が会った時や、疲れた時、良いことがあった時です。

好きだから、はもちろん。それ以外にも理由があります。

 

それは、好きな食べ物と、良い思い出、達成感をつなげる。

カレーを思い出すだけでポジティブな発想が出てくるようにする仕組み作りなんです。

 

今日の会議荒れそうだな・・・と不安になってきたら、その日のお昼を想像します。

すると、イメージにカツカレーが浮かんでくる。

よし、これ終わったら、「まつのや」のカツカレー食べよ!と思ってやる気が出る。

 

突然の残業。あきらかに21時回る時、その日の晩御飯を想像します。

次はお弁当屋さん。オリジン弁当の25種スパイスのカレー弁当が浮かんでくる。

後一息!となります。

 

なんじゃそりゃ!と、思う方。

ぜひ一度お試しください。

 

似たシチュエーションに同じ食事。組み合わせる習慣を作っておくだけで、不思議なことがおこる。

その食事に新しい意味、それも自分だけの特別な価値が生まれます。

f:id:karasumiyama:20200226220231j:plain

ふらんす亭の黒チキンカレー)

 

誰もが認める高級料理でなくてもいい。

自分だけの意味付け、価値づけが生活にスパイスを与えてくれます。

 

以上、今日は習慣ご紹介シリーズでした。

最後までお読みいただきありがとうございました!