日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

買い物するとモノが増える!とお困りな時に モノもお腹も同じです

部屋着兼私服を買いました

それと同時に、くたびれてきた部屋着を1着手放しました。

お腹と同じ。食べたら排泄する=買ったら手放す。

これを意識しておけば、周りには使うモノだけになります。

f:id:karasumiyama:20200229192655j:plain

【2分で読める記事です】

時節柄、遠出の予定は減らし、徒歩圏内で週末を過ごしています。

 

昨日部屋着を買いました。ジョガーパンツです。ジョガー(ジョギングする人)向けのボトムが、ファッションの1つとして確立したそうですね。

裾の部分にゴムが入っていて、スッキリ見えるのが特徴です。

サイズを合わせると野暮ったく見えないので、出かける時にも使えそう。かなり気に入りました。

 

それと同時に、普段から履いていた黒のスウェットを手放しました。

同じ用途のモノを買ったら、古いモノを手放すように心がけています。

 

理由は、「もう使う機会が減るとわかっているから」です。

昔でしたら、古いものもまだ履ける、使えると思ったことでしょう。

ただ、それは自分のモノを手放したくない、無くなったら不安になるかもという心の問題でした(心理学でいう「保有効果」です)

linexat.com

 

使うか、使わないか、でいえば、使いません。

自分の身と、身の回りをスッキリさせるために、多少使えるものでも手放す。

モノにすし詰めにされない知恵です。

 

この話は、自分のお腹に例えるとわかりやすいと思います。

f:id:karasumiyama:20200301070954j:plain

 

昨日、美味しいご飯を食べた

→消化した

→今日ご飯を食べる

→でも、昨日のご飯、、、もったいないからトイレいかない!

 

こんな事思わないですよね。

食事だったら、味わって、消化する(身にする)

目的がおわったら、排泄です。

 

なぜか。お腹にそんなスペースがないからです。

 

モノもスペースがなければ、同じ考えに行き着きそうなものです。

ただ残念ながら「自分から離して保管できる」できてしまいます。

棚、物置 、どこにでも置ける。

それが、自分の意思に反して溜まってしまう、散らかってしまう原因ではないでしょうか。

 

食事のように、身にしたら出す。1つ手に入れたら1つ手放す。

 

かんたんそうで、慣れるまでは葛藤があります。

ただ効果は実証済み!

モノを増やしすぎない方法としてお試しください。

 

 

以上、今日もお読みいただき感謝です!