日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

床屋でばっさり 髪に意識を割り振らない「ビジネスぼうず」ライフ

今年から、理髪店でお願いする時の髪型は「5mm&ツンツン頭」坊主にするメリットを選びました。本当に、その髪、あなたにとって必要ですか?

f:id:karasumiyama:20200212072650j:plain

【2分で読める記事です】

昨日の祝日に床屋に行ってきました。足を運んだのは、大井町の大衆理髪店です。

始めてのお店でしたが、オーダーはいつもと同じ。

基本5mmのバリカン、前髪と、上の部分は少し残す」です。

年末年始から、坊主頭に近い髪型に変えました(写真ほどではありませんよ)

 

 

モノとの付き合い方、つまり何を持って、何を手放すかという自分の中の価値観が落ち着いてきました。

 

次は、ジブンとの付き合い方です。

 

何を考えて、何を考えないか。何を振る舞って、何をしないか。

流行や人の振る舞いよりも自制が少しできる部分を見直しています。

その見直しの1つが髪型です。

 

先にお伝えしておきますと、いつものように「みなさんにもおすすめです!」とは言いません。

 

髪型は自分を着飾る服以上に、自分を見せるためのツール、演出の役割を大きく担っています。

だからこそ、日々新しい髪型が楽しまれていますよね。

美容院が親しまれる理由もわかります。私も見ていて好きなヘアスタイルはいくつもあります。

 

ただ、自分の髪型はどうなんだろう?

と思うと、意識と時間、お金を費やすほど興味が無いのです。

社会の中で生きる以上、不潔感だけはないように、相手にとって失礼ならない範囲で手入れをしておきたい。

もっと別に没頭したいことがあります。

 

そう考えたら、そもそも髪型を気にしなくて良い毛髪量にすればよいのでは?

と考えるようになりました。ビジネス坊主の誕生です。

www.oshiete-oterasan.com

少し予想通りでしたが、お寺のお坊さんが髪を剃っている理由を調べてみると、近しい考えでした。

 

頭とその手入れに意識を向けなくて良いように。

別のこと(お坊さんであれば、修行に集中できるように)のために要らないモノを削ぎ落とす。まずは自分身体からだったんですね。

 

2ヶ月過ごして良かったことは次の通り、

  • 寝癖を気しなくなった   癖づくモノがありません
  • 整髪料?         整えるものがありません
  • 抜け毛?薄毛?      自分で減らしているので気になりません(多くの男性がもつ永遠の課題が1つ減るわけです、もう1つは髭剃りかな・・・)
  • どの理髪店でもオーダーできる 「5mm」は万国共通です

うーん、今のところ良いところだらけ。

定年近くになったら完全剃髪しても良いかもしれません。

 

 

以上、久々におしゃれ(脱おしゃれ?)の話でした。

プライバシーポリシー

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村