日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

自宅と赴任先 自宅が散らかっているように見えるのは、ただ「ヒトごと」に首を突っ込んでいるから

お正月休みから戻り、赴任先に戻ると片付いた部屋に安心してしまいます。

その理由は、自分のモノしかないから。自宅では家族のモノにまで目を光らせてストレスを溜めているかもしれません。注意注意。

f:id:karasumiyama:20190526071138j:plain

正月に自宅でゆったり。そんな1週間を満喫してから神奈川の赴任先に帰宅すると、こちらもまったり。

理由は、部屋が片付いているからです。自宅は家族といるから。赴任先は部屋がすっきりしているから。それぞれに楽しみ方があるんですよね。

2つの住まいがあるというのも存外悪くありません。

 

では自宅片付いていないのか?と聞かれると。答えに窮します。

おそらく、、、そんなに散らかった部屋ではありません。先に投稿したように定期的にゴミは捨てているし、出したものは元に戻すように心がけています。

 

原因は私の方にあります。

奥さんや、子供の持ち物やその収納場所にまで思わず目を光らせている、そう思うのです。

自分だったらこう並べるのになー、とか。自分ならこの服2着まで減らせるよな、とか。

 

勝手に頭の中で想像して、現実と合っていないことを確認して、ストレスにする。

そんな無駄な思考をしています。これこそ断捨離すべき思考ですね。

 

過去にはこんなつぶやきを拝見しました。ヒトが大事にしているものと自分のものが同じとは限りません。

 

整理すべきは私の思考。それと、共有スペース(テーブルやキッチン)の片付け方のルールを作るところまででしょうか。

 

モノだけでなく、まず思考を整理する姿勢が大切。何度も感じる気づきです。

 

早く学べよという声は流しつつ。。。今日も仕事楽しんできます。

 

 

 

 

プライバシーポリシー

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村