日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

バベルの塔? 電子マネーの氾濫で生活は便利になりましたか?

電子マネーは現金より便利

その言葉はある意味正しいが、問題もある。ネットワークに依存していること、そして選択肢が増え過ぎたこと。

選択を自分で絞らないと、便利な道具も不便になります。

f:id:karasumiyama:20191204235745j:plain

 

皆さんはどの電子マネー使ってますか?

10%への増税タイミングで始まった電子マネーに対する還元で、新興電子マネーの乱発に拍車がかかりました。これまであったSuicaのような交通系カードに加え、QRコードを使った支払いも増えています。

私はもっぱらSuicaです。電車の乗り降りや、ほぼすべてのコンビニで支払える汎用性が便利です。お得、という点を考えると、それ以外のPayPayを使うという手もあるでしょう。ですが、私は使いたくありません。

なぜなら、選択肢が増えるということは、それだけ手間が増えるからです。

モノを買う時に支払い方法が1種類ではない。いくつもの支払い方法があるというのはそれだけで煩雑です。

すぐに支払いができる。お財布を出さなくて良い、というのがウリなのに、数十円をケチるばかりにその利便性を下げることはしたくないのです。

 

支払い方法が増えれば増えるほど、ユーザーは支払い方法をしっかりと狭めておかないといけません。さもないと、1回の買い物ごとに自分はどの支払いができて、どの電子マネーの残高があるか、いちいち確認しないといけなくなります。

 

外国の通貨に例えるとわかりやすいかもしれません。

 

この店では円とドルが使える。

隣の店では円とユーロ、

その隣はバーツとクローネと元、、、

 

どの通貨をもっていればいいの?そもそも、そんな町住みやすいでしょうか?

今の市場はまさにこの状態に見えます。便利お得をバラバラに追求した結果、全部利用しようとすると、その便利が中和されてしまう。

お得感も薄れてしまうのです。

 

自分にあった支払い方法を絞り込むことが、市場の綱引きに巻き込まれないための一手ではないでしょうか。

ぜひみなさんの「いちばん」を見つけてください。