日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

人の心を癒すもの。それは、「ベビーシュマな」猫・犬・赤ちゃん

赤ちゃんが可愛い理由は、大人の愛情行動を引き起こして、保護してもらうためだから。

立派に本能を刺激されようじゃありませんか!

f:id:karasumiyama:20191028200431j:plain

1週間ぶりの職場復帰。よそイです。

生まれたばかりの息子の写真を会社で見せ、みなさんに可愛い!といってもらい幸せをかみしめてます。

息子よ、君は遠く神奈川の地で大人気ですよ。

 

嬉しいのと同時に、「どうしてこんなに赤ちゃんは人気者なんだろう?」思い、ちょっと調べてみました。

すると、こんな記事を見つけました。

曰く、動物の子供には、ベビーシュマという特徴がある。その特徴をもっていると、大人は愛着行動が刺激され、保護したくなるのだそうです。

体に対する頭の大きさの割合が大きい

顔より頭蓋のほうが大きい(大きい額)

目が大きく丸くて顔の中の低い位置にある

鼻と口が小さく頬がふくらんでいる

体がふっくらして手足が短くずんぐりしている

動作がぎこちない

赤ちゃんがかわいいのはなぜ? | 日本心理学会

 

なるほど納得。子犬や子猫が大人気な理由も、この刺激が脳で起きているから、というんですね。世代や地域問わず、人気な理由も納得できます。

 

子供は命を守ってもらうため、可愛さをアピールする。大人はそれを受けて可愛がる。ウィンウィンな本能関係じゃありませんか。

世間では、こんな本能も凌駕する理性的(?)な態度を子供に向けてしまう人もいるようですが、こんな幸せ本能であれば、がまんする必要はありません。

シンプルに楽しめるなら、小難しく考えない。骨の髄まで満喫したいと思います。

f:id:karasumiyama:20191028201744j:plain