日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【脱スマホ依存】「フォレスト」を使って習慣改善&森を育てる???

気付いたらお菓子を食べてしまって、太る。

気付いたらYouTubeに首っ丈、半日経っていた。

パズルゲームをしていて、気付いたら夕方だった。

そんな経験、多くの人が経験していると思います。

f:id:karasumiyama:20191011003538j:plain

時間泥棒はテレビだけではない。だらっと過ごせてしまうメディアに依存しすぎると、生活の質が下がってしまいます。

 

そして、昨今一番の影響力を持つのが、スマホです。

気軽にポケットから取り出せる。自室にいなくても、電車の中でも。

デート中でも自分の意識をかんたんにネットに向けられる。

この小さな道具は、あっとういう間に自分の習慣に入り込んできてしまいます。

便利だからこそ「それ無しでは生活できない」依存状態になりやすいんですね。

私も、ほぼ中毒患者です。仕事中はもちろん、オフの時も画面に釘付け。どんなシーンでも隙間時間があれば画面を見る習慣が染み付いていました。

「道具に使われるな」、と最初に言った人に敬意を評したいです。

 

それに気付いたら、なんとか改善したいもの。

一番最初は、「スマートホンを手放す」という苛烈な方法も考えました。

とはいうものの、生活が劇的に変わってしまうのは躊躇します。

家族・友人との連絡手段が切れてしまうのもの厳しい。そこまでのことはまだできません。

 

関係をそこまで壊さずに、かつ時間の使い方を見直せる。

習慣改善ができる方法はないものか。

 

そんな時、このアプリを見つけました。

mobareco.jp

「アプリ」「依存」というワードで検索すると、まぁ対策が出るわ出るわ。似たように、染み付いた悪習を直したいというニーズが高いのですね。いくつも見つかりました。このアプリはその中の1つです。

 

アプリを立ち上げる。

その中で、「スマホを触らない、集中したい時間」を設定する。そして、あとは触らない。

基本の使い方はこれだけです。

アプリを使って、スマホを触らない時間を測る。使っているけど使ってない。なんだか面白いですよね。

そして、計画通りスマホを使わずにすむと、アプリの中で「森が育ちます」

スマホを使わない間、ソフトの中で森が育っていくのです。

 

ちなみに、これが昨日育てた「私の森」です。

f:id:karasumiyama:20191011004938p:plain

数字で見ると、約10時間近くスマホを手放していたのがわかります。

 

自分がスマホから離れていくのを森を使って可視化する。遊びにように習慣を変えていく、とても良い仕組みですね。

 

また、さらに心動かす仕組みもあります。

それが、「本物の森を育てる」という取り組みです。

本物?とはどういうことでしょうか。

f:id:karasumiyama:20191011005451p:plain

全く言葉通りの意味。

 

アプリ内で森を育てる、すなわちスマートホンを手放していると、その時間に応じて仮想コインを入手できます。そしてこのコインを使うと、アプリ内のギミック(新しい木や花、森に関わる新しいアイテム)が手に入る。

スマホを使ったアプリであればよく見かける仕様ですよね。

 

ただ、この先がちょっと違います。このコインを貯めると、植樹ができるのです。

話がアプリの外に飛び出してしまった。。。!

どういう仕組みなんだろうか?ちょっと調べてみました。

 

Trees For the Future アフリカを中心に植樹を進める団体が母体になっていて、アプリの結果に応じて、植樹をしてくれるようですね。

trees.org

 

自分の時間の使い方が改善される

面白い

環境改善の手助けもできる

 

まさに、三方よし。誰にとってもプラスに繋がる試みでした。

スマホの過剰利用を直すきっかけを植樹が生み出す。今の困りごとであるネットワークが環境を良くする鍵になる。

発想の転換っていうのはこういうものなんだ。

そう思わずにはいられないサービスです。

 

しばらく自分の森を育てつつ、植樹のお手伝いにいそしみます。