日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【家族と片付け】いっしょにモノをへらす方法

ミニマリストYouTubeって一人暮らしの動画が多くて、(家族で住んでいると)参考にならないんだよ。

先週奥さんから言われた一言。

オフの時間にミニマリストの皆さんの動画をYouTubeで袈裟斬りに見ていた時でした。同じアカウントを使っているので、私の履歴がたくさん残っていたのです。なので、奥さんがYouTubeを立ち上げると、自然にミニマリストのテーマが勢揃い。

持ち物から、部屋の片付けまで幅広い話題で視聴できると言う訳です。

 

実は、この展開は予想していました。ミニマリストを無理に進めると、「話はわかったけど、自分には勧めないで」と拒絶されてしまいそうでした(それ以前に、何にも無くした赴任先の写真を見せていたせいもあります)

無理強いはせず、情報提供だけ続ける。いわゆる「草の根活動」で、少しでも興味をもってもらおうと活動していたのです。

苦節数ヶ月。やっと話題にあがるようになりました。革命成功です!

f:id:karasumiyama:20191001071711j:plain

 

で、、、さきほどの一言です。

だよね。自分が片付けても、配偶者や子供が散らかしたら何の意味もないもんね。確かにその気持ちはよくわかります。

確かに神奈川の赴任先では「何にも無い生活」送っています。

f:id:karasumiyama:20190924063108j:plain

ですが、長野の家は別物。

自分の持ち物は減らせても、家の中そのものには手を出し切れていません。

理由は、「自分だけのものではないから」

個人宅とはいえ、他人と共同生活を送る、公共の場とも言えるのです。椅子1つ、ソファー1つを見直すにしても、相手との合意が必須。さもなければ、夫婦喧嘩に一直線です。せっかく気持ちよく過ごそうとしているのに、です。

ミニマリストに興味はもってくれた。でも、やり過ぎに思える生活には同意できない(自分とは違ったライフスタイルだ)と思われたらどうしたらよいでしょうか。

対策は2つです。

 

1つめ、家族でシンプルに生活している人のYouTubeを紹介する。

 

www.youtube.com

やまぐちせいこさん、4人家族で和風民家に住むミニマリストの方です。

家族&専業主婦というポジションが奥さんの立場にピッタリで、このチャンネルはお気に入りにしてくれました。

「本当に4人暮らし?」と疑うほどのスッキリさです。その秘密は、やまぐちさんの努力の結晶。彼女の日々の掃除や家のメンテナンス、片付けを見ると、家族生活でもシンプルライフは楽しめるんだなぁと納得できました。

特に好きなのは、洗濯スペースのシーン。おいてある家具の統一感はもちろんのこと、作業スペースとして無駄がない、量、高さ、モノの置き場所。理想的です。

お風呂上がりの夜に、奥さんとこのチャンネルをみながら家の話をするのが楽しいです。

ちなみに、もう1つオススメしているチャンネルはこちら。

www.youtube.com

小学5年生の娘さんとミニマリストを楽しんでいるチャンネル。自分の家と境遇が同じなので、比べながら楽しめます。

実際、娘とこのチャンネルを視聴してみました。

こちらの娘さんの部屋がとてもシンプルで整っているんです。片付けただろうとはいえ、散らかっていない床。ベッド、カーテン、デスクの色調が揃っている。

あまりの綺麗さに、娘呆然。開いた口がふさがらないとはこのことだな。という姿が見れました。

こういうチャンネルをいっしょにみれば、シンプルな家づくりに少しは近づけるかなーと狙ってます。

2つ目、「自分にとって何が一番大事か」家族で話しておく。

長年連れ添ってはいますが、大事なモノの順序は同じではありません。

 

私にとっては、1つあればいいものも、

奥さんにとっては1揃え欲しいものもある。

娘にいたっては、どれが一番か判断がついていないかもしれない。

そんな中、私の価値基準で手放し、片付けたら、暴動必須です。

 

事前に、どれをたくさん揃えたいのか、逆にどれなら数を減らせるのか、話し合っておくことが肝です。

 

これに気づいたのは、すでに1回失敗しているからに他なりません。勝手に物置の中を整理整頓。(私にとって)いらないモノを捨てて、満足気な私。そんな私をみつけて奥さんが激怒。事態の収拾には大分時間を要しました。

 

一人暮らしの部屋はほぼ理想通りになりました。

次は、自宅。家族と共有するスペースに着手します。