日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【床置きゼロ】テーブルを壁付にするとこんなにスッキリします

部屋からテーブルがなくなりました。

 

といっても、テーブルを0にしたのではありません。壁付け。

普段は折りたたんで、使うときだけだせるように、「片付ける収納」にしたのです。

 

今回購入したのはこちら。

棚プラス。国産の折りたたみテーブルです。

 

もともとはちゃぶ台サイズのテーブルを勉強や食事の時に使っていました。

使っていてそれ自体には不満はありません。

問題はスペースの取り方。

使わない時に、どうしても目立つのです。例えるなら、何もない体育館の真ん中に、突然学習机が置いてあるようなイメージです。

そのままバスケットボールなんか始めようものなら、怪我人が出るのは確実です。

 

実際そのテーブルで怪我をした訳ではありませんが、他に家具が無い分、使っていない時に邪魔になってしまうんですね。

数ヶ月前から、どうにかテーブルを壁付けにできないか、頭の片隅においていました。

 

そんな中見つけたのがこの商品でした。きっかけはこちらの記事です。

house.blancoodesign.com

 

壁付け、しかもひっかけるだけで取り付けられる。これはすぐに使えそうです。

ですが、その利便性に反してしばらく購入を控えていました。それには理由があります。価格。

類似の商品に比べて値段がお高めだったのです。

自宅の数少ない家具とはいえ、これは少し高いか・・・と躊躇していました。

 

最終的に決断したのは、他のモノとたっぷり見比べてからでした。

類似品が無い。同じように壁付けできるテーブルはいくつもありましたが、固定方法や引き出し方を気に入るものがどうしても見つかりませんでした。

これは唯一無二の商品だ!

そう思ったら、購入する踏ん切りがつきました。この決断まで1ヶ月以上。まだまだ決断力が弱いです。

 

購入した商品はこちら。カラーは壁に合わせてホワイトを選びました。自宅の壁も同じ色なので、自宅に戻った時にも利用できます。

f:id:karasumiyama:20190924062504j:plain

場所は窓際。正座するとぴったり合う高さにしました。

ただ、本音を言わせてもらうと、スタンディングデスクの高さにしたかったんですよ。そのためには、窓とは反対側の壁につける必要があったのですが、それができなかった。

取り付けようとして、初めて壁によって材質が違うことに気づいたからです。

 

窓下や、台所周りの壁は柔らかい。石膏ボード+壁紙のようです。

対して、とりつけたかった壁はコンクリートに壁紙貼っただけではないか?というくらい硬い。傷がついただけでした。

最終的に、ちょっと理想とはずれましたが、窓の下の取り付け可能な場所にしたというわけです。

 ※もし購入を検討する方がいましたら、「画鋲を壁に刺してみる」事前テストをお勧めします。

 

実際につかってみるとこんな風になります。

f:id:karasumiyama:20190924063108j:plain

パソコンを使うには十分な広さですね。奥行きも不便ありません。

ファイルや紙の資料。ノートを開くと少し狭いかもしれません。普段はパソコンプラス本やメモ程度ですので、困るシーンは少なそうです。

あと、安定感はどうでしょうか。

マルです。キーボードを叩いてみても、まったく揺れたり傾くそぶりがありません。このどっしりした雰囲気、ありがたいです。しばらく使ってみて、使用感をレポートしたいと思います。

 

これで最後の「置きっぱなし家具」がなくなりました。

さながら自分だけの体育館。床が丸見えの住まいです。

スッキリした生活にまた一歩近づきました。

 

今日のポイント
  • 床置き家具が減ると、見た目スッキリ、掃除はカンタン
  • 壁付けは2秒で視界から消える、「隠れ上手」
  • 購入する時は壁の材質に注意!