日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【猛暑とミニマリスト】何もない部屋でどう夏を乗り越えるか 2019年版

先週末のマラソン大会、30度超えの熱気にやられ、途中リタイアしたよそイです。

週の頭までは20度から25度の快適温度だったのですが、突如台風襲来。その後の台風一過で、とてつもない猛暑となりました。

f:id:karasumiyama:20190802075032j:plain

これまで時間切れで終了になったことはありましたが、自分からリタイアは初。

熱気と湿度の恐ろしさを体験しました。命の危機を感じることって中々ありませんよね。30度の中走ってみてください。すぐ体感できますから。

 

さて話題は変わり、今回はマラソンランナーを一瞬で溶かす猛暑。その対策をどうしよう?と考えてみます。

相も変わらず、部屋には極力何も置かない生活を続けています。その生活の中で、夏に向け気をつけること、試してみることを3つあげてみます。

 

水は必須!いつでもペットボトルを常備しよう

 まずは生きるためのリソースを確保しなくてはいけません。

人体の60%は水。この陽気になると、放っておいても部屋の中にいてもじっとり体から水分が逃げていきます。

ミニマリストとはいえ体の中の水分をケチったら命に関わります。優先順位「高」でしっかり準備しておきます。

この水も、例えば2L ペットボトルで購入するとまた別の問題が発生します。

雑菌の繁殖です。自宅であれば3人で使う。なので、1、2日で飲みきれる安心感があるのですが、1人暮らしだとそうはいきません。自分が失念していたら数日、1週間放っておいてしまうこともよくあります。

1日で飲みきれる量をいつでも新品で開封したい。この希望を叶えてくれるのは今の所こういった商品。

 

自宅にあって買い置きしている数少ない品です。毎日買うのはめんどくさい。かといって、切らしてしまうと困る。なので、4ダース単位で棚の上に積んでいます。重いけど我慢我慢。水はしっかり取らないと。

クーラーは自宅に帰る前からON、扇風機は常設

去年のアパートには無かったクーラーを全力で使います。こまめにON/OFFではなく、自宅に帰ったら28度固定でつけっぱなし。これに扇風機を使って空気を循環させます。

このクーラーのつけかた。もっぱらリモートコントロールでつけるようにしています。自宅についたら、もう部屋が冷えている。ちっちゃいことですが嬉しいものなんですよ。

使っているのはこれ、

ネイチャーレモ。リモコンで動くものを何でもスマートフォンAIスピーカーで管理できる優れものです。

これを自宅に設置。専用のアプリをスマートフォンにインストールして設定すれば、どこからでも自宅の電化製品を利用できます。

例えば飲み会の終盤、10分前くらいにアプリからエアコンをスイッチオン。

自宅に戻るとひんやり空気が出迎えてくれます。消し忘れていたら意気消沈しそうなものですが、この時は自分でつけているのを覚えていますから。飲み会の気分を落とさず、気持ちいい気分でぐっすりできます。

その他にもAIスピーカーと連動するのもいいですね。

在宅の時には一言で家電を操れ流ようになります。

「エアコンつけて」「照明消して」と話しかければ手を動かさずに思いのままです。おかげで、リモコンの所在を探す必要がなくなりました。

この機会に食生活を見直そうー完全食にチャレンジ

 最後にもう1つ。これは今年から試してみること。食生活についてです。

去年の夏は、料理中が暑苦しかったり、そもそもアパートが灼熱の地域に立地していたこともあって、ほとんど自炊をしていませんでした。どれだけ最寄りのファミリーマートにお世話になったかわからないほどです。

食費が高くなってしまう(全て外食になるので)、栄養が偏る。お財布にも身体にも厳しい生活でした。

今年も自炊に専念する時間はとりません。かといって昨年のようにカップラーメン、ファーストフードに頼りきりの生活も避けたいです。

その予防策として、今年は自炊をこれに切り替えようかと思ってます。

jp.huel.com

HUEL(ヒューエル)、イギリス生まれの完全食です。1種類の食品で、生活に必要な栄養を全部摂取しようなんて、、、意欲的なチャレンジですよね。

完全食は以前からかなり気になっていて、一度習慣化してみたかったのです。

理由は先ほどお伝えしたとおり。

食費を圧迫している外食を減らしたい。

同時に、健康面も考えた食生活をしたかったからです。

 

加えて、料理の時間を削減できるのも魅力です。

簡単な料理とはいっても、何かを作り、食べ、洗い物をするとなれば、数分ではとても足りません。

一度料理と洗い物から離れる。必要なのはシェイカーだけ。

こんな生活を一度体験してみます。しっくりくる習慣になりそうだったら、夏と言わず、通年で飲んでみたいものです。

 

通して、食べるものを変える以外は何か買い揃える予定はいまのところありません。

春〜冬通して、使うものを大きく変えない。できるだけ通年で使えるものを選ぶ

モノを少なく生活するヒントです。