日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【お一人様】一人暮らしのサラリーマンに優しい食材を考えてみる【既に商品化?】

単身赴任先から、自宅に戻るといつも感じることがあります。それは、買い物の仕方。

一人と三人、食べる量が違うので当然ですが、好ましいパック詰めの仕様や、保管方法にいたるまでが違うのです。

 

料理への関心度合いや、私が省力化した自炊生活を目指していることがその要因でしょう。

とはいうものの、今後独り暮らしの方はもっと増えることは明白。そんな生活スタイルに合わせた食材はどんなものか?

この機会に独り暮らしにぴったりな買い方を考えます。

 

 

単価が安いよりも、小分けが大切

f:id:karasumiyama:20190726073111j:plain

 ミニマリストの方の定石ではないかと思えるほどシンプルです。

まとめ買いをしない。今必要なものだけを買う。

一人暮らしを始めた頃は、自宅と「同じように」購入していました。いわゆるまとめ買いですね。また、調味料も、自宅に「ありそうな」ものを揃えていました。いつ、何に使うのかわからないままです。

結果、余ります。比較的賞味期限が長いものであっても、一人暮らしですと、私が食べなければずっとそのまま。気づいたら数カ月経過することも少なくありませんでした。気づいたら食材が減っているのは、家族がいたから。そんな当たり前のことに気づくのは一人暮らしを始めてからです。

そんな生活で必要なのは、「やすさ」よりも、「コンパクト」であること。食べきりサイズです。

f:id:karasumiyama:20190726073400j:plain

例えばこういう食材。キムチや納豆など。「1回で1パック使い切る」食材です。こういった食材は、グラム単位でまとめて入っている商品に比べると、割高になります。ですが、最終的に食材を廃棄するよりはまし。新鮮なまま開封・消費できるのも魅力です。

カマンベールチーズでも、「丸いまま」はいっているものと、「切り分けてあるもの」ありますよね。私は断然後者派。少しのものを少し割高でも少しずつ買う生活が身についてきました。

その中で唯一まとめ買いしているのは水でしょうか。ペットボトル48本セットをまとめ買いしています。これは味や新鮮さというよりは値段に着目しています。500mlが、40円台かーと思うと、思わずネットでポチリ。家で唯一の緊急時備品かもしれません。

賞味期限を気にしない食材

f:id:karasumiyama:20190726073952j:plain

賞味期限も大事ですね。家が2つある身としては、帰省するタイミングで食材の減り方が大きく振れます。会社の飲み会、飲み会、帰省なんてスケジュールになったら、まったく冷蔵庫を開けないこともしばしば。未開封で廃棄する食材もありました。

最低でも1週間。できれば数カ月もつ食材を揃えておくと安心です。

ちなみに写真は、スーパーで見かけたうどんにかけるスープです。

コーヒー用のミルクポーションのような仕様で、中にだし汁が入ってました。コンパクト&1回使い切り&賞味期限安心。電撃が走るほど良い品です。すぐに購入!

 

賞味期限例外にも触れておきます。

それは、果物とパン。この2つだけは数日でだめになってしまうので、予定を考えてこまめに買わないといけません。

バナナとロールパンが好きなので、3日1回は買い足すように心がけています。利点は帰省するときには持ち帰れること。帰りの電車の中でおやつ代わりにしています。

 

洗い物が増えない工夫

f:id:karasumiyama:20190726074849j:plain

これは味とは全く関係ない話。洗い物を増やさない食材が好きです。

1回の食事で洗うものをお皿1枚、カトラリー1本、それと調理道具だけで済ませたい。そんな制限調理を目指しています。さっと、シンプルに終わらせたいんですね。

そういう話をすると、「だったら、電子レンジを買えばいいじゃないか」と反論をいただきます。

確かに便利。調理をする段になると電子レンジは魅力的です。まさに皿1枚、フォーク1本あれば、冷凍パスタがすぐ食べられますからね。

ただ、そのためには、「電子レンジ」と保管用の「冷凍庫」が必要になる。

今スッキリしている部屋に大物家電が入ってくるのは抵抗感があるのです。そんな訳で棚の中に全部収まるフライパンやザルを使って、自炊しています。

既出の納豆は直接かけるので食器を増やしません。

果物も食べ方によっては大丈夫。私がバナナを好むのは、味もそうですが、加工が不要なところです。お皿も使いません。

水をペットボトルで飲んでいるのは、都度コップを洗う手間を減らしたいからです。過去に2Lの水を定期的に買っていましたが、冷蔵庫の出し入れやコップを洗うのが手間で、やめました。

飲みたい分がすぐ手元に来る環境が理想です。

上の写真はそんな食材の中でも目から鱗の品でした。なめ茸です。

食材としては好きなのですが、「瓶ゴミが出る」「食べるときにスプーンを別途使わないといけない」「保存が意外と効かない」といった理由で買い控えていたのです。

チューブ式。考えた方はすごいなぁと感心してしまいました。まさに今の生活をしている私にピッタリの品です。次回の買い物のときに買ってみようと思ってます。

 

おわりに

今回は単身中の身で、こんな食材がいいな、という希望を列挙してみました。

同じ食材でも、誰と住んでいるか、どのように生活しているかで、その理想の売り方はまるで違います。

一人暮らしにもミニマリストにも優しい食材がもっと増えることを願っています。

(関係者の方、このブログを読んでアイデアを巡らせてくれないかな・・・・)