日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【捨てない】捨てるものが無い生活がちょっと続いています〜デトックス終了?

先週30度超えの日が到来してから、蒸し暑さが一段と厳しくなりました。

今年はそんなに暑くないかもしれない?と肌で期待していた自分が恥ずかしいです。夏になれば当然暑い。扇風機さんに朝からお世話になってます。

f:id:karasumiyama:20190703064255j:plain

最近の気づき。

1年程「あれを手放した」「あれをやめた」という記事を中心に書きましたが、最近の記事を読み返すと。そういったアプトプットが減っています。

どうしてだろうと考える。

結論は、「捨てるものがそれほど無くなったから」。

 

生活に不要なものが部屋から無くなったので、検討する時間が減ったのです。

 

もちろん買い物はします。ただ、それが間違いなく使うもので、食品のようにすぐに消費するものばかりです。食パンやヨーグルト、卵ですね。これを「食べ終わったから包装ビニールを捨てました」とは言いません。

以前あれやこれやと考えていた洗濯物干し。

これも3度目の正直で今の方法に落ち着きました。まったく違和感無く使える。乾きもいい。ストレスフリーの愛用品になりそうです。

 

www.nogame-nolife.online

 

自分の生活から余分なものが一度離れる。

今どういう気分かというと、期待していたような、何か大きく感情が高ぶっている風ではありません。

逆に、今までモノのことで考えこんだり、試行錯誤していた、そんな時間がスッポリ抜け落ちた感じがします。穴が空いた気分です。

そしてその分、やっていることに没頭する時間が増えました。気づいたら時間が経っている感じ。他に気になる些末事が減ったからです。

 

ただ、この生活デメリットもあります。「小さいことを放っておけなくなる」

もともと部屋に何も無いので汚れやゴミがあると、気になってしまうのです。時間がほしいとき、何かに集中したいときに、放っておけないのは困りもの。まずは片付けをしないといけません。

気づきが(何もない分)増える分、その気付きをコントロールしないと、神経質になってしまいそうです。

適度なペースで続けていけるように、少しモノを増やそうかな・・・なんて独りごつ朝でございました。