日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【走る走る】近くのマラソンイベントに出てみよう(二子玉川ハーフ)

足の痛みで目を覚ます月曜日です。

 

先週末、二子玉川沿いのマラソン大会に参加しました。ハーフマラソン、21kmを走るイベントです。

昨年秋くらいでしょうか?今の習慣や生活スタイルを見直すために、一度ジョギングをやめていたんですね。それを今年に入り再開しました。

1ヶ月〜2ヶ月練習しての、ハーフ参加です。

f:id:karasumiyama:20190603074755j:plain

地元イベントらしく、規模は小さめ。全部で200人弱の企画だったようです。

ハーフマラソンというと、走った経験が無い方には、「そんな距離走れない!無理!」と拒否されてしまうことが多いもの。

ですが、実際に走ってみると「ちょっと頑張れば完走できる」初めてのマラソンにピッタリなんです。なにしろフルマラソンの1/2ですからね。

 

今回は同僚3人と参加。若手2人はマラソン初参加です。1人は直前の飲み会で誘ってそのまま巻き込んでしまいました。

東京都と神奈川の境目。二子玉川の河川沿いを2往復。シンプルなコースです。天候も崩れず、かといって快晴でもない。とても良い環境で走ることができました。

とはいうものの、久々の大会。スタミナが作りきれていないなーというを実感する走りになりました。18kmアタリで息切れ。少し歩いてしまいました。

一昨年は一気に走りきれたんですが。。。これが練習不足の「成果」です。

他のメンバーも似たり寄ったりですね。1名は以前から朝のジョギングを行っていたので、かなり良いタイムでゴール!「練習は裏切らない」という言葉通りのタイムを刻んだのであります。

f:id:karasumiyama:20190603075556j:plain

↑最後の1人を迎えに行くメンバー図

 

今回久々に参加した気づきは2つです。

1 練習量は裏切らない(練習量通りのタイムを全員だした)

2 イベント参加を予定しておくと、毎日のジョギングの励みになる

2つ目は特に大切でした。ちょっと先にイベントを用意しておくことで、漫然と走らずに、「どうすればラップタイムがもう少し早まるか」「スタミナがつくか」考えるようになります。

逆に、こういった測定される機会がないと「どう走っても構わない」「そもそも走っても走らなくてもいい」という考えにも陥りかねません。

1日1日を充実させるために、ちょっと先の目標を設定する。高速道路の看板のように、「東京まであと20km」といった先々の指標があると、やる気にも楽しみにもつながる。

ラソンに限らず、生活にも染み込ませたい考えです。

 

ちなみに、今回のハーフタイムは2時間33分。7分台でした。次回は6分台目指します!