日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【デジタルデトックス】スマートフォンを断捨離するための2つのステップ

いきなりなタイトルです。

とはいってもスマートフォン自体を手放す訳ではありません。

ミニマリスト生活をする上で、デジタル活用はとても大切。これがあるからこそ踏み切れたようなものです。

 

ですが、使いすぎは禁物

TwitterFacebookを気づいたら一時間眺めていた。そんなことはないでしょうか。

目的もないのに、画面にあるアプリアイコンをタッチしたことは?

こんな習慣がある人は要注意。スマートフォンを使うのではなく、使われているかもしれません。

 

習慣の強さ、それとその怖さ

これは以前からお伝えしているとおりです。

良い習慣なら身体にも心にもプラスになります。例えば散歩や、運動、掃除ですね。

逆に悪習は良い習慣と同じようになかなか止められません。

深酒、喫煙、過度なギャンブル、用の無いネットブラウジング

 

できれば歯止めを利かせたい。そして、止められていない自分の事を嫌いなってしまうのがなによりマイナスです。

 

何とかして食い止めたい!

そんなわけで、今週デジタルデトックスに挑戦しました。スマートフォンは手放しませんが、自分の無意識の行動を少しでもコントロールするために、身の回りを変え始めたのです。

主にこちらの本を参考にしました。佐々木さん、いつもありがとうございます。

ぼくたちは習慣で、できている。

ぼくたちは習慣で、できている。

 
 
まず、アプリを半減させます

これはものの断捨離と同じ。1ヶ月以上使っていないアプリはすべてアンインストールします。

Twitterや、Facebookも同様です。ブラウザからも閲覧投稿できるので、不便になりますが、使えないわけではない。

この、不便というのがポイントです。

今はアイコンからすぐアクセスできるので、無意識に目を向けてしまいます。

 

これをちょっと手間暇をかけるようにすれば、今よりも無意識な行為が減るのではないか。そういう仮説を立てました。

クレジットカード中毒者がカードを氷漬けにするとか、ファミコンにハマった子供からアダプターだけ取り上げるお母さんの気分です(後者は経験あり)

 

消したアプリは20個以上。ほぼ毎日使うに使うアプリは17個になりました。

 

トップ画面にアプリを表示しない

この画面を見てください

f:id:karasumiyama:20190526070031j:image

これ、今のスマホトップです。シンプルでしょ?

使いやすくアプリを並べ、アイコンが一目でわかる。

使いやすくはあるけれど、「本当は今使わなくてもいいアプリを思わず開いてしまう」そんな悪習を招く危険もあります。

良し悪し、両面思考で使い方と向き合ってみる。その結果行き着いたのがこの形でした。

 

日頃使うものだけ、フォルダの中に入れ、残りはすべて裏側に隠します。

使うものはフォルダ単位で面に出してあるので、利用に困ることはありません。不便ではあります。

そしてこのちょっと不便、という感覚が無意識の行動を変えてくれればいい、

そう期待しているのです。

 

ずれている男の話

この話題を書いていると、以前聞いたエピソードを思い出します。

うろ覚えで出典も定かでありませんが、こんな話です。

ある男が北に向かって旅をしていた。

その男と道で会った村人が訪ねた。どこに行くのかと。

 

男は、海に向かうのだと答えた。船に乗って旅をするだそうだ。

 

村人は言った。それなら方角が違う。海は南にあるのだ。

 

男はまた答えた。いや、この道はまっすぐ伸びていて、平坦で歩きやすいのだ。

 

村人はもう一度伝えた。だが、方角が違う。

 

男ももう一度答えた。いや、もう少し歩くと宿場がある。そこの温泉は格別なんだそうだ(出典未確認)

 

こう読むと男のがおかしなことを言っているとすぐに気づきます。

ですが、楽だから、目の前の楽しみがあるからという理由で、同じようなことを毎日しているんじゃないか。そう心配になります。

 

スマートフォン。当たり前に手元にあるツールだからこそ、一度使い方を見直してみてはどうでしょうか。毎日か関わるだけに効果は絶大です。

 

 

余談です

このトップ画面、今の部屋そっくりじゃありませんか?

f:id:karasumiyama:20190526071138j:image

実際の部屋をすっきりさせていたのに、デジタルの部分となると、旧態依然としていた。それがストレスになっていたのでしょうか。

 

何にも無いところから、何かを始める。

そんなライフスタイル、習慣がついてきたかもしれません(しみじみニヤニヤ)