日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【食べる】自炊もしながら賞味期限の悩みを減らす方法

一人暮らしの楽しみ(悩み)といえば、洗濯・掃除についで、料理です。

f:id:karasumiyama:20190424065456j:plain

 

何を食べるか、どう食べるかは多くの人のテーマです。

 

私は自宅にいるときは、奥さんの料理ばかり。

「男子厨房に入るべからず」を地で行くような生活をしていました。ですので、料理の腕はからっきしです。

カップラーメンとインスタントカレーは作れるかな?といった程度でした(それでも生きていけるのですから、現代社会の発展に感謝感謝です)

 

今日はそんな料理レベル1のミニマリスト・サラリーマンが、自炊をする上で気をつけていることをいくつか書いてみます。

 

何はともあれ、自炊を毎日しています

過去大阪で単身生活をしていた時代は「自炊0生活」を自負していました。

仕事で忙しいから、料理はする暇がない!と見栄を張っていたのですね。

松屋で朝ごはん、

出張先の近所でラーメン。

夜はスーパーのお弁当。すべて外食で生活していました。

もちろん冷蔵庫やストッカーはいらない。片付いた生活です。

ただ、生活費はかかりました。1日の食費は2,000円。さらに、体重も重くのしかかります。財布は軽く、身体は重くなってきたわけです。

これはいけない、そう思って徐々に自炊を始めるようになりました。

www.nogame-nolife.online

身体にいいもの、続けられるもの。そう考えると、食材から自分で買い揃えたほうがより安価で、健康に優しいもので毎日過ごすことができます。

今は自炊ありきです。これが大前提。

賞味期限に悩まないモノを揃える

とはいうものの、自炊にして困ることもあります。私が一番悩むのは、賞味期限。一人暮らしをしていると、ちょっと忘れているうちに賞味期限が過ぎてしまうものばかりだと気づきました。

単身で一番困っているのは食パン。この食べ物は賞味期限が短いのですね。3人家族ではすぐに消費していたので気づきませんでしたが、1人暮らし&出張が入ろうものなら、あっという間に美味しい期限を切らしてしまいます。

買ったらすぐ食べきる!くらいの心持ちでないとスーパーのカゴに入れられません。

逆に、卵やハムの長持ちさ加減には大変助かってます。彼らは週をまたいで食卓にのぼってくれますからね。

1週間以上は日持ちしてほしい。それが今の願いです。

 

さて、この賞味期限の問題、「いつも気にかけていれば」問題はないでしょうか?

私はこの気にかけるところをできれば減らしたい。いつでも食べられる。週1の買い物でことを済ませたいのです。

 

そのためにはどうするか?

 

それは、できる限り日持ちする食材で日々生活すること。

 

いつでも食べれる、賞味期限を気にしないものを増やしておくことです。

 いくつか例をあげてみます。

◯缶詰 

 保存食の王道。さばの水煮・カレーなど。なんでも出ていますね

◎使い切りパウチ 

 おなじ保存食でも、こちらは「燃えるゴミ」にできるタイプ。処理まで考えると、こういった少量パック・使い切りが最適です。

f:id:karasumiyama:20190424071940j:plain

 

◯使い切り調味料 

 マヨネーズ、かつお節など。個包装してあるのでしばらく使わなくても安心です。

◯調味料(小瓶)

 クレイジーソルトや、バジルソルトがあれば、カンタンな料理にもひと味加えられます。

▲野菜

 一番の難関。使い切りサイズを1回で使うか??程度です。野菜を定期的に買う頃には、趣味:料理と名乗れるくらいになっていないとだめです。

◯果物

 バナナやキュウイなど。以外に日持ちすることがわかったので定期的に買っています。

 

毎日食べる、でも賞味期限はあまり気にしない。これを完全に習慣化したいものです。

栄養と量を考える

 お腹そこまで空いていなければ、少しだけ食べる。空いていれば、パスタの束をもう少し追加する。そんな「自分にあった量」を選べるのが自炊の強みです。

外食でも、小盛り注文ができるお店が増えてきました。大盛り・特盛競争をしていた牛丼店舗も、今はミニをしっかり用意しています。過ぎたるは及ばざるが如し。このニーズに応えているんですね。

 とはいうものの、お腹がいっぱいだから、50gだけ食べたいとか、味噌汁と冷奴だけでいいや。というわけにはいきません。相手も商売。最低限のメニューが並んでしまいます。

 その点、自宅で用意するのであれば、味噌汁だけでもいい。食パン+スープ1杯だけでも食事ができる。この調整機能が自炊の強みだと実感しています。仕方なく食べるということがなくなるんですね(食べ残しをしない!と思ってしまうのは子供時代のしつけの影響です)

 

 あと、栄養面も大切です。これは私が身体で実感したのですが、外食3食/日は身体を壊します。偏った生活をしたつもりは無いです。ごはん、野菜、肉をバランスよくとっていた、つもりでした。ですが、自炊を始めてみると、いかに味の強いものをとっていたかを認識するようになりました。基本しょっぱいのです。

 外で毎食食べるものではない。家で料理をしないと気づかないものです。人に売るわけではないので、自分の健康だけ考えたメニューも作れる。例えば、砂糖を入れないヨーグルトとか、少し薄味のうどん。トマトジュース(無塩)。補助食品にサプリメントを少々。

 これを外で食べようとすると、どうしても甘みがついたり、しょっぱくなります。自分に合わせて「食べる」をデザインできるのが嬉しいですね。

まとめ

 買い物から、片付けまで。手間がかかる。めんどくさい。そんな風におもってしまうこともまだあります。ですが、それを覆してしまうような、メリットがあるのは、すでに述べた通りです。

 まずは賞味期限の心配が少ないものから。少しずつ買ってみませんか?