日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【春新生活に向けて】初の一人暮らしの人に伝えたいこと(社会人編)

昨日まで不通だった動画配信サービスHuluが突如復活、そしてまた不通。全く利用できなくなっているよそイです。怖いです。

 

さて、4月に入りました。単身赴任生活も3年目に突入です。初めて大阪に向かったときには一人暮らし慣れしていないこともあり、仕事もプライベートも不安の中スタートしたものですが、お陰様で生活面は落ち着いてきました。

 

今回はこの4月から新しい生活を始めた方。特に社会人の方にアドバイスをするとしたら?というテーマで考えてみます。

 

 

1 モノの買い方は少ロットから、必要になってから買う

「お得用」という言葉に思わず心ひかれて、必要「そうな」洗剤やトイレットペーパーに手を出していないでしょうか。お得用は確かにお得。1個あたりいくらになるんだろう?計算するのに電卓は要らないほどです。

考えるべきは、その5円、10円のために、自分の部屋のスペースを取っていいか?考えてほしい。10円です。うまい棒です。その10円をけちって、いつ使うかわからないものを積んでおくほど、広い部屋に住んでいるとは思えません(ワンルームアパートを想像しています)

 

また、一通り買っておくという考えも、いったん止めて置くことをおすすめします。

なぜなら、実家にあったものは、あなたのご家族(お母さん、お父さん)が日常的に使っているものが含まれているからです。

調味料を多種多様に「とりあえず」買ったとして、これまであなたが使っていたか?

ということです。ご家族は当たり前に使っていても、「あなたが」使っていなければ、無くても良いものなんです。

入社1、2ヶ月は自炊の暇もない・・・。自炊をしないのであれば、買う必要も無い、休みの日、料理をするときに、必要な調味料を買えばことが足ります。

f:id:karasumiyama:20180603162202j:plain

過去の失敗購入 買いすぎて結局手放しました

また、毎日使う予定が無いものや場所を取るものは少ロットでの購入を心がけると、スペースが自由になります。

例えばトイレットペーパー。12ロール、18ロールよりも3ロールを100円ショップで買うようになると、棚の中に片付けできるようになりました(自分なら2ロール100円でも買います)

調味料。小瓶サイズを買いましたが、半年経っても使い切りません。大瓶で買っていたと思うと、全く無駄になってしまいますね。

 

必要になったら、少しだけ買う。「買い揃える」のは楽しいけれど、揃える部分を少し控えてみてはどうでしょうか?

 

2 家具過多注意! 家具はあとから手放すのが大変。よく考えて。

家具。一番買いたい、自分好みのものがある品です。ただ、これこそ失敗すると、火曜日の燃えるゴミの日に出せないのがネック。粗大ごみになるためです。

自宅にいたときに比べて、モノをおけるスペースが制限されていることにも注意です。何かを置くということは、自分が動ける範囲が狭まっていくことになります。

 

ビジネスホテルのシングルルームで、「ベッド」「デスク」「テーブル」「チェア☓2」のような部屋に泊まったことがありますか?

モノはある。代わりに、歩けるスペースが最小限。まさに通路のみの状況です。

最大公約数のユーザー応えるデザインにした結果、過ごしづらい「家具過多」になってしまったんですね。

もしワンルームに住むようであれば、自分にとって大事ではない、毎日使わないようなものは置かないことをおすすめします。

f:id:karasumiyama:20180603162604j:plain

昔手放したテーブル。デスクもあったのでほとんど使わず・・・

3実家を活用しよう

最後に、「実家」から離れても、そこから全部の荷物を持っていく必要な無いです。

新居には新生活に必要なものだけもっていく。

もし必要になったら、帰省ついでに持って帰れます。初の帰省はGWの10連休になるでしょうか。挨拶ついでにトートバックに入れて持ち帰ればいい。ちょうどいい帰省理由にもなりますしね。

「とりあえず」全部持っていってしまうと、せまいスペースがもっと狭くなる。過ごしづらい環境になってしまいます。

せっかくの新生活なんですから、いったん今までのモノから離れてみてはどうでしょうか。必要ならまた手元に持ってくればいいんです。

 

まとめ

買いすぎない、大きなものは熟考する、実家を使う 

この3年で失敗したポイントをお伝えしました。

皆様、良い新生活をお過ごしください。