日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【片付け】休みの日にいらないモノを見直すには



f:id:karasumiyama:20190331101940j:image

これ、何だかわかりますか?

棚に「隠していた」分類不明な生活用品の数々です。

一年かけて捨てても、1日24時間生活していると、これだけわからないモノが増えてくるんですね。

草むしりと片付けは同じです。定期的にやらないと、気づいたらうじゃうじゃ。手がつけられません。

今日は棚の片付けをしました

一つ一つを見直して、もう使わないモノなのか、実家に持ち帰った方がいいのか見直しです。

ポイントは、一週間以内に使うか、今後使う予定があるか?

すぐ使う予定があるものは手前に。

見えるところに、一・二ヶ月先かな?というモノは、すっきりさせるために片付ける。

使う予定がないモノは捨てる、もしくは使う予定のあるところに移す。

このルールで仕訳したところ、かなり手放すことができました。

普段何となく持ち続けてしまっているモノも先に、どんな基準で手放すか、決まりを作ると踏ん切りがつけやすいです。

心の物差しとでもいうのでしょうか。しっかり計ってすぐに手放す判断をしています。

棚の中も見栄えを考えると片付けがはかどります

モノを減らしたら、残った品を棚に戻します。

大切なのは、使うシーンごとに棚を使い分けること。

実際の写真を使ってご説明します。

 

棚の上は利用率100%の品と、大物


f:id:karasumiyama:20190331104946j:image

買いだめしている水と、帰宅時に使っているファブリーズ、ブラシを置いてます。帰った直後に使うので棚を開ける手間も省きたい品を置いてます。

ゴールデンゾーンは食料品と、洗濯・洗剤・掃除道具


f:id:karasumiyama:20190331105032j:image

一番手を伸ばしやすい、120センチ前後の高さは、毎日使う品だけで固めました。

お皿、食材(乾物)が上から二段目、三段目に洗剤や掃除道具を並べています。

本当の一軍選手がこの二・三段目です。

ちなみに一段目は少し高いところにあるので、予備の品をまとめています。誰かが泊まった時のためのバスタオルや、使い捨てコップなどですね。前はありませんでしたが、

一度人を招いたときに保管することになりました。普段使わないので目に入らないようにしてあります。

四段目からは、一週間、一ヶ月で使うもの


f:id:karasumiyama:20190331105430j:image

ここらか下はメンテナンス道具や文房具、予備の生活用品です。薬もこの段ですね。

毎日は使わないものをまとめてあります。


f:id:karasumiyama:20190331105547j:image


f:id:karasumiyama:20190331105619j:image

まだ仕訳箱の中は乱雑。もう少し片付けたいですね。

 

まとめ

いったん今日はこれで終わり。

大切なのは定期的に、今、必要なものか見直すこと。

このブログを読んでいただいた方は、この機会に自宅の棚の中、ぜひのぞいてみてください。未知との遭遇が楽しめます(^^;)