日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【単身赴任者限定】家族旅行にピッタリな場所はこちらです

春休みどこに行く?

今週から娘が春休み。旅行シーズンがやってきました。この休暇で観光地に足をのばすご家族多いのでは無いでしょうか?

f:id:karasumiyama:20190318033927j:image

とはいえ、私の家の事情は少し違います。

単身赴任。普段から住まいが違うので、娘が休みでもその休みをいっしょに過ごすことが出来ません。

せっかくの長期連休。どう活かすべきかでしょうか。少し悩んでしまいますね。

 

今回は、そんな悩みを解決するアイデアをご提案します。

単身赴任者限定。しかもメリット多数の裏技。やっていないともったいないですよ!

 

 

単身赴任者は、住まいに家族を呼ぼう

これです。

見ず知らず旅行先には行きません、自分が平日過ごしている住処に遊びに来てもらいます。

私の家族の場合、長野から、神奈川ですね。

日常過ごしているところでも、家族にとっては初めての場所。旅行先として十分です。

私がある程度地理に詳しいので、道に迷うのともありません。

家族には、しばらく過ごすための着替えを用意しもらってすぐにレッツゴー!です。

 

大人の授業参観?職場とその周りを知ってもらおう

この旅行の良いところはいくつもあります。そのうちの一つは、日々過ごしている場所を知ってもらえること。さながら大人向けの授業参観のようです。

普段単身赴任していると、赴任先の様子が伝わり辛いのが悩みの種。

どんな家に住んでいるのか?職場はどこ?スーパーは近いの?美味しいラーメン屋さんは?などなど。

この旅行をすれば、百聞は一見にしかず。いつもの生活が丸わかりになります。

その後のコミュニケーション作りに役立ちますね。

また、家族にとっては慣れない土地。街を散策するだけでも刺激的です。私にとっての生活圏内だけでも、普段とは違ったお店を楽しめます。

少し足をのばすだけで、いつもは行けない観光地に出向ける点もいいですね。

私の家からだと、西の渋谷(?)と言われる町田、横浜中華街、横浜美術館八景島シーパラダイス。行く前から家族の食指を動かしています。

f:id:karasumiyama:20190318034618j:image


f:id:karasumiyama:20190318034658j:image

 

「いつも、こんなところで働いてるんだね」とわかってもらえる。おまけに旅行先も楽しんでもらえる。一石二鳥です。

 

長期滞在に!宿泊費がオールフリー

もう一つのメリット。それは費用面です。

アパートを借りているのて、ホテル代がかかりません。

宿泊費がかからないのはとても大きいですね。

そのおかげで、今回も一週間滞在なんて芸当ができます。ホテルで三人家族一週間なんていったら、幾らかかることやら。

その分が浮いただけ、余裕をもって楽しめます。

(おまけ)家族を呼ぶ時にはこれをもってきてもらおう

おまけです。普段の旅行と宿泊地や日程感覚が少し変わるのが、単身赴任先旅行の特徴です。

そんなわけで、次のようなものを持参してもらうと、滞在中も楽しめます。


f:id:karasumiyama:20190318032738j:image

  • 遊び道具 旅行といえど、アパートにいる時間も伸びるので、自宅にいるような気分で遊んでしまいましょう。
  • 寝具 ホテルと違い寝具類は揃えておくのが無難。特に私の場合は一人暮らしの寝具しか持っていないので、自宅から二人分を持ち込みます。こんな時は車移動がぴったりですね。
  • 食材 わざわざ全て外食にする必要がないので、朝ご飯は自宅で済ませます。カップスープや少しのパンがおすすめ。お腹を少し減らしてお出かけしましょう。
  • 春休みの宿題 これは娘向け。旅行先でもしっかり勉強です。場所は変わってもしっかり学ぶ。時間はたっぷりあるんだから。

まとめ

普段は別々の住まいにいるので顔を合わす時間は少ない。

ですが、こういった長期連休の時は、まるで別荘に行くみたいに、違った遊びかたができる。これが単身赴任旅行のメリットです。

世の一人暮らしのお父さんがた。赴任先を新たな行楽地として誘致してみましょう!