日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【親子四代】ひいおばあちゃんとひ孫が遊べるということ

私が不在の間のお話しです。

自宅にはボードゲームがあり、モノによってはおじいちゃん(義理の両親)と、孫(娘)が遊ぶことがあります。

食事のあとの30分、食卓を使って遊んでいる、そうです(単身赴任者はこういう現場に立ち会えず寂しい限りです)

そんな週間の中で、こんな話を聞きました。先日大阪から遊びに来ていたひいおばあちゃんが、ひ孫とボードゲームをしたそうなんです。

 

遊んでいたのはこれ、

動物のコマを、崩さないように順番に上に積んでいく。シンプルな遊びです。

コマが動物の形をしているのでかわいいのが、子供心を刺激します。

またそれだけではありません。コマの大きさや形、重心が違うので、積みやすいコマ、積みにくいコマがそれぞれあるのが特徴です。オトナだけで遊んでもすぐに遊べる、良いゲームなのです。

 

このゲームをひいおばあちゃん(御年80代)と9歳の娘が遊んでいたという話。

年齢差を超えて気軽に遊べる。とても良い話を聞きました。その場にいれば写真の1枚もとっていたのですが、残念至極。

 

こういったボードゲーム。近年遊ぶ場が増えてきましたね。一番はボードゲームカフェ。ゲーム趣味の方だけではなく、家族連れの方も見かけます。

boardgame.yokohama

こちらは私が先日いったボードゲームカフェ。その日は週末だったせいもあり。小学生のお子さん2人を連れたご夫妻が遊びにいらしてました。

ゲームは遊ぶ時間や、対象となる年齢層が幅広く揃えられているので、すぐに理解できるカードゲームを中心に、いくつも遊んでいたようです。子供笑い声と、大人の叫び声(これは負けたときの声)織り交ざって、お祭り騒ぎでした。

初めて会う人と、フェイストゥーフェイスで遊ぶ。なかなか無い機会ですよね。私も娘が神奈川に遊びに来た時には連れてきたい。そんな遊び場でした。

 

世代を超える、知人・友人の枠を超える。ボードゲームは人をつなげる架け橋の1つです。もっとこういう機会が増えればなーと、都度願うのでありました。