日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【同好の士】本好きだらけのホステルに一泊しました

昨日から会社の会議都合で上京しました。その夜に泊まった(泊まっている)宿泊先の話題です。「本棚の中で寝る」そんなコンセプトのホステルです。

 

bookandbedtokyo.com

運営が始まったときにインターネットの記事を読みました。これは面白そう!と一目惚れ。ずっと泊まる機会をうかがっていたんです。

場所は浅草。あの雷門のすぐ近くにあります。

ふつうのホステルと違うところは、ベッドが本棚の隙間にあること。

本に囲まれて寝る。そんなことができる施設なんです。

f:id:karasumiyama:20181215082902j:plain

写真が少し暗いからわかりづらいでしょうか?

壁一面の本棚の間に、人一人分のベッドスペースがあります。

上段、下段にわかれています。上の段は梯子でのぼるので、アスレチック苦手な方は入りづらいかもしれません(カプセルホテル慣れしている人なら問題なしです)

建物の中の雰囲気は本屋併設のスターバックスや、図書館そのもの。ほぼ全員の人が何かしら本を読んでいました。かくいう私も本棚から一冊拝借して読んでいます。

f:id:karasumiyama:20181215083940j:plain

 

マンガ喫茶とは違い、コミックは本当に一部だけ。画集や短編集、自己啓発本が多いですね。旅行本が多いのはその多くが一人旅のバックパッカーだからでしょうか?

ちなみに、昨晩チェックインしたとき、スーツ姿は私一人でした。場違い感がすごいです。

ホステルと聞くと、「どんな人が隣で寝ているかわからない」と不安に思われる方いるかもしれませんね。その点この施設は安心です。何しろ本に興味がある人しかいません。

なので、薄い壁の向こうで違う人が寝ていても、同好の士として信頼できるんです。

本を使って、同じ趣向の人を宿泊させる。ターゲットを絞ったコンセプト。文字通り人を選ぶサービスです。でもだからこそ、そのターゲットになる人にとっては自分の価値観にカチっと合う施設になる。だからこそ好きになるんだと思います。

良い経験になりました。

 

本好きでない方、おすすめしません!