日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【コンパクト志向】使いやすさとだけじゃない。保管時のたたずまいも気になるドリッパー

先日100円ショップで購入したドリッパーの話です。これ、値段だけじゃない、とても私好みの商品なのです。
f:id:karasumiyama:20181201221643j:image

コーヒーを豆や粉からドリップするときに必要になるのがドリッパーです。

これに、粉を漉(こ)すためのフィルターをセットし、一人前10グラムの粉を入れる。お湯を注いでコーヒーの出来上がりです。

 

これまでは、このドリッパーは陶器製でした。

それをカリタなどの専門メーカーが製造するコーヒーサーバーに載せるのがお作法だと思っていました。

自宅でコーヒーを入れる時は、今でも陶器ドリッパーと、コーヒーサーバーのセットです。

 

それが一人暮らしになって見直すことになりました。

理由は、めんどくさいから。

 

上の方法でコーヒーを入れると、一杯ごとに洗い物が膨大です。

マグカップは仕方がないとして、ドリッパー、サーバーまで洗わなければなりません。

一つでも洗う手間を省きたい。かといって、溶かして飲むコーヒーだと、どうも味気ない。

楽にこだわりたい。そのわがままに応えてくれるのが、このドリッパーです。


f:id:karasumiyama:20181201222859j:image

洗い物、少なそうですよね?

針金で出来ているドリッパー(のようなもの)を、サーバーではなく、マグカップに直接セットします。

 

針金なので、淹れている時の分量が計りやすい。洗い物もすぐに終わります。

これを見つけたのは、あるブログを拝見していたときです。その時はキャンプ用品の位置付けでの紹介でしたが、この便利さはキャンプに留めず毎日に役立つ趣があります。すぐに買ってしまいました。

 

また、この商品、使っている時だけだはありません。使わないときにも、そのデザイン製を発揮します。


f:id:karasumiyama:20181201223500j:image

どこにあるかわかりますか?右下、マグカップの前にたたんであるのがドリッパーです。

針金製品ですので、使わないときには畳んでおけるんですよね。使って便利、使わないときにもひっそりと。

これで108円は心が踊ります。

今日飲んだ分だけで元は取ったかもしれませんね。

こういう素敵な品だけで生活を送る。理想の風景に早く近づけたいものです。