日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【年末の引っ越し】ミニマリストの棚卸チャンス

先日購入した座卓でブログを書いています。

買ってから半月立ちましたが、使い心地は上々。

少し高めのものを選んだおかげか、ぐらつきもなく、文字を書くのにピッタリです。

www.nogame-nolife.online

今日は、ミニマリストのビッグチャンスが訪れた、という話題です。

引っ越しです。

 

年末は会社の中で定期的な組織の見直しや異動があるのですが、その中に私も巻き込まれた、という訳です。1か月後には新天地で働く準備をしていることになりました。

驚きました。このタイミングで話がくるとは、、、

わかっていたら6月に引っ越しませんでしたね。違約金が怖そうです。

 

そんな支払いの心配もしながら、この機会はミニマリストにとって、僥倖(ぎょうこう)とも言えます。

何しろ、モノを動かさないといけない。

要らないものを棚卸しするのに、ピッタリなタイミングです。

引っ越しの荷物を一度すべて目にする。その都度、「これは要る?要らない?」を選択する。要らないものは引っ越し前に、粗大ごみなどで捨ててしまいます。

 狙い目は、壊れたテーブル(手続きが取れず、まだ捨てられませんでした)、棚の類。次のアパートに収納スペースがあったらすべて知人に譲るか、自宅の整理用に送ってしまおうかと思ってます。

後は、寝具類。毎日使っていないものが押し入れの上に詰め込まれてます。

これもこの機会に一掃してしまいましょう。

 

四畳半に住んで、それでも毎日使わなかったもの。

 

なかなか説得力のある判断材料ですよね。今後このスペースで生活する機会は訪れません。この1か月モノの取捨選択を楽しみます。