日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【フリマ】モノを減らすが、楽しいイベントになる

20時を超えて、家の中が騒然としてきました。

その理由は、明日が、フリ−マーケット当日だから。以前お流れになっていたフリマが明日開催なのです。

一昨年初めて参加したイベントも、家族の中では秋の風物詩になりました。

f:id:karasumiyama:20181110220842j:plain

かなり減らしたつもりでしたが、フリマ用にとっておいたものを棚卸しすると、この量です。

写真に写っていない分もあわせると結構な量。うちの軽自動車に乗るかどうか、ちょっと不安になってきました。

 

フリマに参加するようになってから、家の中で確実に変わったことが2つあります。

まず1つは、モノを手放す抵抗感が薄れました。

長年手元にあったものを「捨てる」となると、奥さんも娘も抵抗がある様子。

もう使わない。けれど、ゴミ捨て場に直行するのは・・・という気持ちになるようなのです。ですが、フリーマケットは「再利用」が前提です。

次にどこかの家庭で役立ててもらえるかもしれない。また数年使ってもらえる。そう考えると、所有する欲が少し減退するようです。

「これは次のフリーマケットで出そうか」そんなことを言うようになりました。

捨て欲求が強い私としては嬉しい限りです。モノを手放す流れに巻き込むには、売るという行為をレジャーにすればよかったんですね。

 

もう1つは「手放す」ことへの罪悪感が減ってきたことです。正直、私がミニマリストを自認し始めた頃の奥さんの抵抗はとてつもないものでした。捨てることが悪いこと。モノが少なかった時分の風潮がまだつながっていたのだと思います。

 

ですが、今の時代は、モノが有り余っている時代。いかにモノを持たないか。モノに溺れず、自分の生活スタイルを定着させるかの方が大切だと感じています。

フリーマーケットは、その手軽さと楽しさでそういった保守的な考えを緩和してくれる。社会科の授業みたいなものなんです。

最初は本当に手放したくて参加した企画ですが、回数を重ねるにつれて、価値観にも作用する面白い効果に触れるようになりました。

まだ参加したことがなければ、まず買いに行く雰囲気から味わってみてはどうでしょう?

店舗では味わえない不思議な雰囲気で買い物ができますよ。