日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【家族で遊ぶ】ボードゲームをせがまれる幸せ

今週は自宅に帰らないので大阪。休日出勤です。

 

一日が仕事でつぶれてしまうのは少し嫌ですが、仕事がスイスイ進むのでその点は好きなんですよね。

好きな音楽を聴きながら仕事をバンバン済ませます。

 

今日話題はボードゲームと子育てです。

 

 

早速ですが、ご家族でトランプや花札をされたことありますか?

お正月くらいかな、、、という方多いのではないでしょうか。

私の家では帰省したときは、ほぼ毎日ボードゲームです。


f:id:karasumiyama:20181103081023j:image

私が好き!というのもありますが、家族の中でも習慣になってきた様子。

 

ご飯食べたらあれしよう!とせがまれるようになりました。

 

よし、計画通り。

 

好きなもので家族で楽しめる。理想的です。

 

また、楽しいだけではない効果もあります。

 

まず、遊ぶ時に頭を使うので、情操教育、心のコントロールにピッタリです。

家で遊ぶときには一回ごとに、プレイを反省をするようにしています。

何で勝てたかな?何で負けたかな?と娘に聞いてみるんです。

すると、嬉しい、悔しいと同時にちょっと考えるようになります。あと一手が悪かったかもしれない。あの時の判断で勝てたかも。。。という具合です。

 

まだまだ、負けて泣く事の方が多い。

でも、その中で少し考えてくれる時間に価値があります。

 

もう一つは、人と何かをする時間を持てることです。一人だけの時間も今後必要と同時に、誰かと一つのものを共有する機会は大切です。

自分がしゃしゃり出るのか、相手に譲るのか、強調するのか。教科書に書けない機敏(きび)を身につけて欲しい。

 

遊んでる時にはみじんも考えていないのですが、遊べないお休みに改めて気づく発見です。