日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【他力本願の投資信託】お金に働いてもらい、プロに手伝ってもらう

このブログでは初の話題。投資です。

 

当たり前にやっている人、これまで一度も投資したことがない人。

周りで投資の話題をすると、話題は完全に二分されます。

専門用語が飛び交うので、そのハードルに拒絶してしまう方。いるんじゃないでしょうか?

特定口座?一般口座?私の口座は地銀の普通預金ですよ。なんて具合です。

 

今日は、投資をどう考えているか、何から手をつけたらいいか?というテーマで書いてみます。 

投資を細く長くするタイプ

私は、一発ドン!と投資するに原資(元になるお金)がありませんので、少しずつ積み立てながら投資しています。

毎月何千円かを証券会社(投資を代行してくれる会社)に預ける。そして、そのお金を運用してもらっています。

生活のため、老後のため、そう考えると手続きに面倒くささを感じる時もあります。仕事以外のオフなのに、さらにストレスを溜め込むのは嫌ですよね。

ちょっと考えを変えて、遊びをしているように、頭を働かせてみましょう。

 

 

説明のために、「現金」「生活のため」という観点から離れてみます。そして、

あるゲームを想像するところから考えてみます。

あなたは「充実ポイント」というポイントを持っています

f:id:karasumiyama:20181027103043j:plain

突然ですが、あなたの手元には充実ポイントと呼ばれるポイントがあります。

紙幣かもしれませんし、アプリで確認できるポイントかもしれません。

 

そのポイントを使って、好きな食べものと交換できます。お店にいって、ポイントを払うと、カレーでもラーメンでも、チョコレートパフェも食べられます。

 

また、ポイントは別の使い方もあります。 

好きな場所に行くことができたり、前からファンになっているバンドのコンサートに招待してもらうこともできます。

生活を充実させられるボーナスなんです。

 

このポイントはどうすれば手に入るでしょうか。

 

それは、社会のために何か貢献すること。その貢献度合に応じて、手に入れることができます。

すぐに思いつくのは、困っている人、助けてほしい人を見つけたら、その作業を手伝うこと。これは仕事と呼ばれています。

 

もう一つは、充実ポイントをたくさん集めて、大きな会社を作ろうとしているN氏(仮名)に、「ポイントを貸す」という貢献です。

 

うまく会社ができて、より大きな貢献をその会社が社会にするようになったら、N氏からあなたに、「増えた」ポイントを返してくれます。

 

この、「ポイントを貸す」という行為が、仕事とは違ったポイントの手に入れ方。投資と呼ばれています。

 

また充実ポイントとは、皆さんご存知の通り、「お金」のことです。

お金が必要な人に、お金を貸すことで。つまりお金に働いてもらうことで自分の生活を充実させるポイントを返してもらう。これが投資です。

 

ボードゲームをやっていると、こういった

「ポイント(手元の何か)をいったんに預けておくことで」

「後々大きなポイントを受け取る」という行為はたくさん目にします。 

f:id:karasumiyama:20180430084045j:plain

名作アグリコラ 自分の農地を拡大するには、まず手元の資本を手放さないといけません

目の前の行為も大切ですが、先々を見据え、いかに良い行動がとれるのか。

投資とゲームには本質的に同じ部分があります。

 

 

とはいえ、違うところももちろんあります。

一番の違いは、投資をするためには、手続きが必要なこと。

そして、その手続をして、投資活動をするまでには、ある程度の知識を事前に身につけておかないといけないことです。

さながら、マニュアルが何十巻にも渡る辞典にになっているような気分です。

しかも続刊。終わりがありません。

f:id:karasumiyama:20181027103536j:plain

それが、ゲームと違って、のめり込み辛い理由なのではないでしょうか。

 

手をつけるには、ハードルが高い。それにもまして大きな見返りが期待できる。それが投資のデメリットであり、メリットです。

 

ハードルを下げる方法〜投資信託

始めるハードルが高い、これがデメリットとお伝えしました。そんな投資ですが、比較的手を出しやすいやり方もあります。

それが、投資信託です。言葉は知っている、けど・・・という方いらっしゃいますよね。

投資を、「信」じて「託」す投資信託

信じる相手は、証券会社と呼ばれる会社であり、そこから更にお金を預ける、トレーダーの人たち。いわゆる「投資のプロ」です。

f:id:karasumiyama:20181027133340j:plain

 

普段から家事や仕事で忙しい、1日中投資の情報を見ている暇が無い!そんな人でも安心です。

 

毎月余裕がある分のお金を預けておくと、それをまとめて、プロが運用してくれる。

増えた分はまた、最初支払った分に応じて戻してくれます。

どのくらい支払えば良いのか?

これも株を買う相場に比べると格安です。私が始めたころには、「月1,000円から」という価格帯でした。

それでも安いなーと思っていたのですが、今は「月100円から」積立できるみたいです。ジュースより安い!

 

何となく自販機でジュースを買うのであれば、その100円玉、投資に回してみてはいかがでしょうか?

ちょっとした金額でも、新しい体験です。

 

私も休みの日の1つの楽しみとして、

中長期的に投資を続けていこうかと思ってます。