日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【一石二鳥】買い物のレビューをつけるメリット

ポイント

 ・楽天Amazonのレビューをつけるようになった。

 ・何を買ったのか、なぜ買うのか、意識が高まったので、レビューできる素養ができた。

 ・テキスト打ちの練習にもなるし、他の人にメリットを伝えられる効果がある。

 

皆さんは買い物レビューを書いたことがありますか?


f:id:karasumiyama:20181022135456j:image

 

例えば、楽天市場

日用品を買った後にメールが届きます。

配達の連絡と、

お店から、レビューを書いてほしいという依頼メールです。

 

以前はタイトルを読んだだけですぐに削除していました。

欲しいものは買えたのですから、目的は済んでいます。

後追いで他の事を頼まれても、、、という面倒な作業です。

お店に行く手間を無くしたのに、他の手間が増えてはしょうがない。

そんな批判的な心持ちだったのです。

 

それが、最近は心変わりしてきました。

購入した品についてなるべく一言残すようにしています。

 

そんなに長い文章ではありません。

どんな品なのか、なぜ買ったのか。メリットや、オススメしたいユーザー層をお伝えしています。

 

変化のきっかけは何だったのか。

これには2つあります。

ます、モノの見極め方が変わったことです。

 

最適なモノに囲まれて暮らす、ミニマリストの生活を意識すると、自分の手に入れるもの一つ一つに、ある種のこだわりを感じるようになります。

 

100個の物を買う、となったら後半の数十個はテキトーに選んでしまうかもしれません。

それが、3個しか買えないとしたら?

 

何を買うか、なぜ買うか、メリットは?考えが深まります。

昔に比べて、その感覚が冴えてきた。それがレビューできるようになったきっかけです。

 

とはいえ、レビューができる程度には考えて買うようになっただけ。

思考は、レビュー画面に行く意欲そのものではありません。

 

もう一つ意欲につながったのは、

自分にも、他人にもプラスになる行動だと気づいたからです。

 

まずは、他の人のメリットです。

 

他の人からしたら、レビューは読みたいものです。実際にお金を出した人の生の声は、作られていない、騙されにくい情報だからです。真実に少し近いともいえます。

先入観無しにネット通販を使うには、ネット上の商品の数は膨大、判断するにも一苦労です。

 

先日、食器を買った時の話。

私はほとんどネット通販でモノを買い揃えます。情報もネット。

特にミニマリストブログを巡り、どんなスタイルで生活しているのかを参考にしました。

 

シンプルな品がほしい。そう一口にいってもシンプルの形も様々です。

色、形、サイズ、ブランド、、、日本を飛び出したらとんでもない数買えてしまいます。


f:id:karasumiyama:20181022135718j:image

すべて買うわけにいきませんから、既に使っている人の体験談やイメージが購入判断にとても役立ちました。

結局ナチュラルなイメージよりも、モノクロ的な、白を基調に黒が入るイメージを選びました。

 

自分が手助けしてもらった分、次は自分の番です。

体験を伝えることで、逆買物難民の助けになればと思っています。

また良い品を販売してくれたお店にもメリットがある。お礼も兼ねたアクションです。

 

次に、自分のメリットです。

時間をかけてテキストを打ち、基本見返り無し。

そう考えるとなぜわざわざレビューするんでしょうか?

それは、自分の買い物の反省になるから。

そして、テキストを打つ機会が増えるので、表現力の練習になるからです。

 

書けば書く程、自分の買い物感覚が鋭くなる。それをもっとわかりやすく書けるようになる。

頭とキーボードの使い方がわかってくる感覚です。

 

こういった面で、レビューは自分のためになり、他の人の役にも立つ、かもしれません。

レビューの効用は小さくありません。