日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【アナログだけどデジタル】オンラインで友人と遊ぶ、ボードゲーム

今日のサマリー

本来自宅で遊ぶボードゲームをインターネットで遊べるサイトがある。

遠く離れた友人とも2~3時間かけてゆっくり遊べる。長考できる。

海外のプレイヤーとも遊べるので、場所と、相手を選ばない、アナログとデジタルを融合した良いサービスである。

 

寝不足です。仕事が終わらないからではありません。仕事終わりの遊びが楽しいからです。ここ数か月、平日の夜はボードゲームと過ごしています。しかも相手はパソコンの向こう側。

 

ボードゲームが好きで、友人と集まるたびに自宅のテーブルにゲーム盤面を広げるのが定例です。

ですが、単身赴任先の大阪ではそういったこともできません。次の帰省はいつになるだろう。そんな風に指折り数えていました。

f:id:karasumiyama:20181003062315j:plain

皆でワイワイ騒げるのがボードゲームの長所ですが、そのTPO(時、場所、機会)が限限られる。手軽ではないのが短所です。

すると、数か月前にそんな問題を解決してくれる話を聞きました。インターネット上でボードーゲームが遊べるサイトがあるといいます。

早速調べてみると、、、ありました。

www.boiteajeux.net

海外のサイトです。

数十種類のボードゲームを友人はもちろんのこと、世界中の人を相手に遊ぶことができます。トランプやマージャンといった、世界的にメジャーなものではなく、1メーカーがデザインした、個別のゲームばかり。

そして私がどっぷり心酔しているアグリコラ(農場経営ゲーム)もあります!

f:id:karasumiyama:20181003064347p:plain

基本英語ですが、日本語に変換する無料ソフトがあるため、言葉の壁も問題ありません。いつでも、誰とでも遊べるそんなページがあったんですね・・・

数年間損した気分になりました。

オンラインでもじっくり考えられる

基本、やることはボードゲームです。

ここまで説明すると、こういう疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

パソコンを使っているのだから、アニメーションや音楽といった、インパクト優れた、テレビゲームのような遊びをしないのか?

確かに、今は基本無料のオンラインゲームがたくさんあります。数年前はそういったゲームをダウンロードして、文字通り、「夜通し」遊んだものでした。

今はそこから離れ、アナログゲームを基本にした遊びをしています。なぜか?

ここにボードゲームとテレビゲームの間で大きな差があります。

 

思考時間、相手を前にして長考するシーンがあるか、ないかです。

 

ボードゲームは5分から10分考えることも珍しくありません。

将棋の中継ご覧になったことがあるでしょうか。試合のルールにもよりますが、長考に入ると、数分から数十分、次の一手を考える。席を離れることもある。

プロの域とまではいきませんが、ボードゲームにはそういった「1人でぶつぶつ言いながら考え切る」時間があります。私はこの時間が好きなのです。

アナログゲームのゆっくり、熟考する時間の流れをディスプレイ越しに感じる。これが基本無料なのですから、ハマってしまうのもうなづけます。

 

余暇にSNSYouTubeもいいですが、こういった過ごし方もある。1つの選択肢として、「唸りながら対戦する」楽しみがありました。