日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【遊ぶ・学ぶ】子供と楽しむ、八百長の作法

プロフィールにもある通り、私はボードゲームが好きです。高校時代から手を出し始めてから、ずっと遊んでいます。プレイ歴だけでしたら相当なものです(強いわけではありません)

友人や、ボードゲームイベントで初めて出会う方と遊んでいましたが、娘が小学校に入ってからは、家族と遊ぶことも増えました。

f:id:karasumiyama:20180901071005j:plain

その中で学んだ大事なことがあります。八百長(やおちょう)です。

 

こちらのプレイをコントロールして、娘を勝ったり、負けたりさせること。一方的に勝ち続けないことです。

なぜそんな回りくどいことをするのか?

私も最初はそう思っていました。遊びとはいえ真剣勝負!

ゲームが始まったら老若男女問わず手を抜かないのが作法。そんなプライドのようなものがあったのです。

 

ですが、そうやって遊ぶためには一番の条件がありました。

それは、遊んでいる相手が、「自分から遊ぶこと」「自分から没頭していること」です。

そうでなければ、ただ負け続ける遊びをどうやって楽しめるでしょうか。

実際最初のころはそうでした。私が勝ち続けると、娘が泣く。奥さんが私をにらむ。その休日の雰囲気は台無しです。

勝ったり負けたりして、楽しんで、できれば娘のプレイがうまくなるような気づきをうながす。そんな展開が望ましいのです。

そんな中で使うようになったのが八百長です。

とはいうものの、あからさまにやってしまうは興ざめです。これから八百長するよ!と話しされたら、遊びが遊びではなくなってしまう。そこが、八百長の怖いところです。

 

そこで私がとっている方法があります。

自分だけの制限ルールを(心の中で)設けること

1つのゲームで、本来やっていい行動をせずに、制限をしてプレイをするのです。

 

例えば、ポーカーで遊ぶとき。ワンペア、ツーペア、スリーカードは一切狙ってはいけない。人生ゲームで株券を一切買わないといった具合です。

そうすると、本当に勝てなくなる。必死で考えても勝ち負けが五分五分になります。

最初は今までの遊び方と考え方が異なっていましたので、違和感がすごかった。八百長することを恥だと思っていたのかもしれません。

ですが1、2年と遊び、娘が楽しんでいる姿を見るうちに、その考えも変わってきました。楽しめる、気づく。そして私も「新しい難易度」の遊びを楽しめる。友人と遊ぶときとは違う、新たな楽しみを見つけた気分です。

遊び、ゲームといえど、自分の振る舞い1つで反応がまるで変わる。

勝つという結果だけでなく、それに至る過程も大切。

それに気づいたエピソードでありました。