日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【やめていること】毎日の家計簿は楽しいですか?

昨年まで習慣にしていた1つに、家計簿があります。

f:id:karasumiyama:20180919073754j:plain

自分の家の収支をアプリで控え、毎日の動きから、毎月、毎年の流れを把握してしました。

今はどうかと言いますと、月1回の定点チェック以外は見ないことにしています。

とはいっても、別に収入が増えて、見る必要がなくなったとか、そういうことではありません。飽きてしまった、この言い方が近いです。

 

お金の出入りはは基本的に同じです。変わったのは、私の心持ち。

何に時間を使うのか。

この考えかたが大きく変わりました。

意外に時間がかかる家計簿

全体の流れをいつでもつかんでおくことは時間がかかるものです。現金精算したものはレシートから。電子マネーを使ったものは利用履歴。クレジットカードは専用サイト。

最近は便利な家計簿アプリのおかげで、自動取り込みもできます。

しかし、アプリを立ち上げて、間違った取り込みが無いか、確認するのはいつだって人間です。手間がかかる。

 

また、大切なことは、「家計をで出たお金の流れ(フロー)」が分かったときに、自分が何をするか決めておくことです。お金を使いすぎたら、外食を控える。お金がたまってきたらパッと使う。このくらいでしたら、家計簿に頼らならくても体感でわかる範囲です。判断基準がおおざっぱなのに、そのためのデータが細かすぎたのです。

 

もっと綿密にコントロールするつもりがなければ、細かい記録は不要だと気づきました。

ですので、今は毎月1日に、お金の状態(ストック)だけ把握して、先月と比べて減ったのか、増えたのか。そのくらいをつかむにとどめています。

何より、あまり面白くない

できれば、こういった時間は極力減らしたいもの。お金が増えるのをみてうれしい、という方もいるかもしれませんが、私は違うようです。

同じ時間があるなら、オンラインゲームをしていたいし、Huluで映画をみる時間に費やしたい。そう思ったら、一番最適な家計のつかみ方は、月1回程度になりました。

会社の経費精算でしたら、1日の間違いで目くじらを立てられるかもしれません。ですが、家計をチェックするのは私たち。

そう考えると、ヘタに構えないで、気軽なチェックに済ませたい。

 

不要なモノを減らした次は、無駄な作業、次はがらくた思考。見えるモノから、見えないモノへ、順々に最適化していきたいものです。

 

【ポイント1】お金にふりまわされないためには、(あまり)家計簿をつけない

【ポイント2】お金が増えたらどうする?、減ってしまったら?を

       カンタンに決めておく