日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

【検証】一泊二日出張をコンパクト3WAYバックだけで過ごせるのか?【30代男性サラリーマン】

今は東京は大森に来ています。

終日会議があるので、大阪から。新大阪から品川まで乗り換えなしでこれるのはありがたい。大阪も東京も毎度路線図くびっぴきですので、乗り換えは少ないほうがありがたいです。

カバン好きです

今日はおろしたてのコンパクト3WAYバック(ポーターのタンカーシリーズ)だけで上京しました。

今までは普段使いのブリーフケースに、出張用のトートバックの2つでしたので、荷物は半分ですね。

 

気になるのは、こんな量で仕事になるの?という点です。

検証してみました。


f:id:karasumiyama:20180914075034j:image

サンマルクカフェで鎮座するタンカー

 

結論、十分仕事になります

このバックのおかげか、必要最適の品がすべて入りました。

そもそも、出張に必要なものって何だろう?

そう考えて、それを全てもっていくパッケージを考えます。20リットル分なら、20リットル以上のバックがあればいいんですね。

今回持ってきたものは次の品です。

  1. パソコン
  2. 周辺機器
  3. 会議で使う書類
  4. 着替え
  5. スマホ二台
  6. 読みかけ本二冊とノート
  7. 財布(アパートの鍵入)
  8. 名刺入れ
  9. ティッシュとハンカチ
  10. マスク ※病み上がりのため
  11. お菓子 ※ミックスナッツです

この11品を全部いれると、こうなります。
f:id:karasumiyama:20180914080035j:image

問題無く入りますね。

逆に、これまで二倍の収納で合った時には何を入れていたのか?

どこかに備忘として記録すれば良かったです。

 

本棚を減らすと本を減らせる。衣装ケースを一つ減らすと、一つ分の服が減らせる。

 

「収納に限りがある」状況だと、持ち物の見直しがしやすくなります。自宅だけでなく、カバンでも同じ。よくわかりました。

さすがに空手で出張はできないですが、この位でいけるんだなーと思うと遠出も気が楽になりますね。

バックタイプなので、手ぶらでウロウロできるのもうれしい。以前は出張帰りは腕が筋肉痛になっていましたから。

 

プライベートも仕事も最適化すると、ボリュームが一回り小さくなる。ここ最近の気づきです。

 

皆さんのバック、もう少し小さくてもいいんじゃないですか?