日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

「劇団ひとり」の名がふさわしいバック~脇役がいらない汎用品が好きです

カバンを買いました。久々に大きな買い物です。

今日の話題は、カバンを買ってモノを減らした話です。買ったのに減った?なんのこっちゃ?という方。少しお付き合いください。

30代前半まで、部屋はカバンだらけでした

服にはそれほど興味が無いのに、なぜかカバンへの執着が昔から強いです。仕事用のブリーフケースから始まり、出張用のボストンバック、ウェストポーチ、ショルダーバック、トートバック、、、収まりきらないので、バックホルダーなる専用ケースも買っていました。

何度使うかもわからないのに、よくぞそこまで溜めたもの。いまさらながら自分に感心します。 使うためだけでなく、コレクションすること、並べて悦に浸ること。そういった目的もあったのでしょうね。

ここ最近は変わりました。ミニマリスト生活を実践し始めたこともあり、ほとんどの品を手放しました。仕事用のカバン、プライベート用のトートバック、登山用リュックこの3点まで絞り込んで使っています

ですが、、、まだいける。もう一歩「無くてもいい」スタイルにできないか、考えてみました。

 

今回買ったのは、仕事用&プライベート用カバン

日々生活するのであれば、3つあれば十分です。ですが、今回はもう一歩進めたい。無理をせず、自然にモノを減らせないだろうか?

そう考えた結果、専用品を減らし、汎用品に切り替えることにしました。

なぜか?それは汎用品であるほど、毎日使う機会が多くなる。そして場に合わせて選ぶ手間がなくなるからです。結婚式やお葬式など、よほど特別な機会でなければ、いつでも同じでいられる。いわば持ち物の制服化です

前々から、フォーマルな場、カジュアルな場と線引きをするのが億劫(おっくう)でした。場に合わせて自分の持ち物を刷新しないと「いけない」、と思っていた。

するとどうなるか。2つ場があるので、それぞれに一揃えのモノをもたないと「いけない」のです。服、靴、カバンもです。持つコストと、選ぶ手間。二重の苦労があったといえます。

 

そういった「場」を意識せず、どちらでも通用するもので揃えられたら?そういった時間が不要になります。今日はどのカバンにしようか、、、という悩みがなくなります。もちろんカバンも数も少なくてすむ。部屋もすっきりします。

買ったのはPORTER(ポーター)の3WAYブリーフケース

前置きが長くなりました。購入したのはこのバック。1人3役?4役?どのシーンでも使えるブリーフケースです。

f:id:karasumiyama:20180907055840j:plain

実はこのバック、20代のころ一度使ったことがあります。当時は北関東一帯を出張しながら仕事していました。そのため仕事道具や着替えをまとめて入れられるように一回り大きなものを愛用していたのです。

ショルダー・リュック・ブリーフケースと、どんな形でも使える、万能選手でした。

 

さらにこのバックの良い点をあげてみましょう。まずフォーマルなバッグとして、仕事道具として立場が確立していることです。

お近くの駅前でサラリーマンを観察してみてください。これと同じバッグを持った人を見ない日はありません。使いやすさもあって、大人気のシリーズなんです。

そしてもう1つ。カジュアルな場、お休みの日でも自然に使えるところです。ナイロン製の生地と、アクセントのあるオレンジ色の裏地が私服にも合います。

【素 材】生地が丈夫、なおかつ軽い

【利用方法】手持ち、リュック、ショルダーとしてバック3つ分の活躍

【シーン】フォーマルな場でもカジュアルな場でも合う。バック2つ分の価値がある

 私が目指していた、どんな場のニーズも叶えてくれる品は巡り巡って、このバックでした。

手放す仕組みがある素晴らしさ

では今使っているバックはどうするか。これは、次に使いたい方にお譲りします。譲る方法は、今流行のメルカリです。先月から登録し、手元のモノを安価で譲っています。

※2018年9月7日現在販売しています。

https://www.mercari.com/jp/items/m19389568779/

このサービスは本当に便利ですね。欲しい方にすぐつながることができる上、モノとお金の取引をスムーズに仲介してくれる。

また、匿名配送(住所名前を告げずにやり取りができる)なので、個人情報の保全という点でも安心です。

手放すとはいえ、これまで愛用していたバックです。捨てるよりも、できれば「今欲しい!」という方の元で新たに活躍してほしい。メルカリはモノを減らしたい人にも、安価で品を手に入れたい人にも優しいサービスです。

 

今日はバックの話から、モノの買い方、減らし方をテーマにお伝えしました。

少ない品で不便の少ない生活を送る。減らしたものは次の人につないでいく。

このスタイルをもっと楽しみます^^

 

 

 

<参考> 一人二役グッズが好きです

www.nogame-nolife.online

www.nogame-nolife.online