日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

トイレ掃除がめんどくさいと思ったらー100%手間を減らす方法(賃貸限定)

今朝は朝一番からの会議の準備で、朝活もままならず出勤でした。いまになって今日のエントリーを書いています。ほろ酔いエントリーですのでちょっと短め。

 

トイレの話です。

最近は新築する時のデザインは「トイレが2つ」は当たり前なようです。基本は2つ、1つにしたいときにはデザイナーさんに別途相談というご時世です。

2つあっても便利ですが・・・

実際長野の自宅はトイレが1階と2階にあります。住んでみると、まあ悪くない。トイレ待ちをすることはないし、1階はお客様、2階は家族と、使い分けもできます。

ただ1つ欠点があります。それはトイレ掃除の手間も2倍になること。

台所についで、サボっているとすぐに汚れてしまうのがトイレ。

家に帰ると、いの一番に便座周りを掃除してしまうのが習慣になりました。掃除の手間を少しでも減らしたい。長年の課題でした。

 

これ、実は楽する方法があります

ただし、賃貸アパートを借りる時限定。自宅ではできません。私にとっては単身赴任の今だけ限定。手間ゼロの管理方法を見つけました。

 

それは、「トイレ共同アパート」に住むこと。いわばトイレの断捨離です。

※トイレは大家さんが定期的に掃除してくれることが条件です。

 

今、この方法を読んで、「えっ、共同?汚いんじゃない?」と思った方。おそらく半分以上の方にとっては、自分だけのトイレを持っているよりもきれいなトイレを使えます。

そもそも、皆さんご自宅のトイレ、週に何回掃除してますか?

共同トイレは、アパートを管理する方がいて、定期的に掃除をしてくれます。自分の部屋に無いというのがネックなだけで、あとは自動できれいになる。自宅に家政婦さんがいるようなものなのです。

f:id:karasumiyama:20180824230932j:plain

 

私が住んでいるアパートは木造2階建てのちょっと古い建物です。ですが、トイレ周りはおそらく隔日で掃除しているんでしょうか、いつでも紙は補充されているし、芳香剤も変えてある。「古いけど清潔」な建物です。

さらに、次の商品が断捨離できます。

  • トイレットペーパー
  • 芳香剤やトイレクイックル
  • 便器ブラシ
  • トイレマット

自分の部屋に無いのだから、当然要らないものばかり。こういう経験をすると、「他の人と何かをシェアする」という効率性、利便性を実感できるというものです。

「トイレ掃除を楽にする」、「掃除に便利な道具を買う」という発想から、

「そもそもトイレが無ければいい」、と考える。

モノ(今回は場所)があることで発生する悩みを根っこから退治するという話でした。この考え方は他にも通用しそうです。また思いついたらアップしますね。