日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

ミニマリスト男のスーツは●着+α

おはようございます、よそイです。今朝は快眠。すっきり起きることができました。

残業が少なかったこと&就寝準備をサボらずできたことが大きいです。スマホの電源を落とすとか、お風呂あがりにすぐ寝ないといった習慣です。

 

ここに映画一本!と2時間娯楽をまぜてしまうと、あっという間に日付変更線を超えてしまうのが怖い。

7時間睡眠を毎日続けたいものです。

 

今日の話題は仕事着。ミニマリスト生活を始めてから、吊るしの服の量を半減させました。一番減らしたのが、平日の制服ともいえる、スーツとワイシャツです。どのくらいの量で生活できるのか?その一例です。

 

スーツは2着+α

まずスーツ。これは5着→2着+礼服に減らしました。ジャケットを2着、スラックスは1本+同じものを2本で、計3本です。

夏用、冬用は分けません。基本は夏に着れるものを持つ。冬は、その服に+防寒着を着る。終日外で働くのでなければ、これで十分です。

「~用」という言葉に、プロフェッショナル風の魅力を感じてしまっていた時代もありましたが、今は逆に、汎用性を求めています。いつでも・どこでもが良い。

専用道具になればなるほど、潰しが聞かず、「普段使わない」モノが増え続ける結果になります。

「基本、毎日使うものを所有する」というルールに沿って選別します。

 

ジャケット2着は少なすぎない?と思われる方いらっしゃるのではないでしょうか。

私も、他の人の目を気にして最低4着かな、、、と思っていました。ですが、そこは気持ちのチャレンジ。思い切って2着に削り、今夏実験中です。

気にしているのは自分ばかり

これが今の感想です。着ているジャケットよりも、仕事そのもののほうが、比較にならないほど気にされます。

何を着ているかよりも、何をしているか

書いてみると当たり前の点を再認識しました。マナーに反しない、自分が快適にベストパフォーマンスが出せる服装を基準にします。

f:id:karasumiyama:20180823060337j:plain

仕事服はこのハンガーで全部 十分生活できます

ワイシャツは4着

これも、以前は・・・数がわかりません。捨てるタイミングが取れず、大量に持ち続けていました。

今は長袖が4着。それ以外の古い長袖と、半袖はすべて手放しました。理由はジャケットと同じ。夏用、冬用を分けないためです。季節に合わせて服を変えるのではなく、防寒着を追加します。

柄は白+ストライプ。白は汎用性が高いので必須です。冠婚葬祭にも使えるようにしてあります。

商品は、軽井沢シャツというメーカーさんが販売しているハイブリッドセンサーシリーズ。いわゆる「アイロン不要ワイシャツ」を普段購入しています。

看板に偽りなし。本当にアイロン要らずです。アイロンをかける時間は無ければ無いほど良い。時短にもなる。

ベルトは1本+1本

本当は1本で十分。ただ、皮製品ですので休ませる意味で1日おきに使っています。

ビジネスシューズは1足+1足

これもベルトと同じです。1日おきに履く。

以前は冠婚葬祭用にとか、念のため・・・という理由で4~5足ありましたが手放しました。結婚式の時は、新しい靴を新調。翌週からその靴を新しい仕事靴にします。

1年に1回あるかないか、しかも数時間だけのイベントのために、、、、しっかり考えると、専用で靴を買うこと、保管し続けることに辟易(へきえき)してしまいました。

どんなイベントでも主役は別にいる。そう考えると抵抗なく手放すことができました。

ちなみに、ベルトも靴も色は「黒」です。

理由は一番汎用性が高いから。

茶色の革製品を持つと、コーディネートのために一揃え用意しなければいけません。とはいうものの、冠婚葬祭(特に葬儀)に、茶系の服装で参加ははばかられます。

まさに「ゆりかごから棺桶まで」、高い汎用性を誇るのが黒。ものを最低限にするときのお供として最適です。

 

 

ミニマルサラリーマン、仕事服のご紹介、いかがだったでしょうか?

職業柄、取引先によって、マナーの度合いが違うと思いますので、1つの参考になれば嬉しいです。