日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

子育てを楽しむ~娘のドラクエを「本気で観る」お作法

娘がいます。小学4年生になり、成長著しいメガネ娘です。

下手な知識は父親を上回るようになりました。魚の名前や、なぜかワインの銘柄はもうかないません。

遊びの幅も広がり、デジタルアナログ問わずプレイできるゲームが増えています。

そんな娘が最近あそんでいるのがドラクエ11

去年発売直後に私と奥さんが遊んでいたのを覚えていたんでしょうね。PS4のコントローラーを持ち出し、おもむろに始めました。

そんな娘をビール片手に鑑賞しながら思ったことが今回のテーマです。

 

勉強には口出さないが、ゲームだけは別や!

f:id:karasumiyama:20180802064458j:plain

見始めの頃、びっくりするくらい娘につっこんでいる自分がいました。       何しろ、プレイが下手。ロールプレイングゲームで?と思われるかもしれませんが、本当にヘタなのです。まだ一本もクリアしたことが無いのですから当然ですね。

何でそっちいくの?目的地違うじゃん!人の話聞いてた?

何でモンスターをバラバラに攻撃するの?同じのを叩けばすぐに敵へるよね?

装備と整えた?あれ、アクセサリー何も装備していない奴いるよ!

「北は上」「東は右」!

まあ、よく言ったものです。これに輪をかけて、奥さんも娘に突っ込む始末です。

娘の背中にこんなセリフを残しながら、あっ、これがスパルタ教育なんだなと気づいたのです。

自分はできることが、相手はできない=ストレスに化ける瞬間

普段、仕事をしている時は相手と近すぎず、離れすぎない距離をとっています。それは実際の距離ではなく心理的な、という意味。あまり近いと、感情的になりやすくなりますし、近すぎるために相手の気持ちや振る舞いの背景がつかみずらくなるためです。

そして何より、「相手が知っていることを自分はそこまで知らない」という気づきがある。

世代も性別も、出身も違う相手に、「こんなこと知っていて当たり前だろ?」なんて言えないです。自分しか知らないことがある、同時に相手しか知らないこともある。この立ち位置でいたいのです。

が、とかく自分が好きなゲーム、しかも家族相手となるとこの前提が崩れるようです(崩れました)ドラクエでここまで自分が口を出すとは思いませんでした。

 

よく野球観戦しているおじさんが、一球ごとに野次を飛ばすシーンがありますね。「なんでそこでバット振らねーんだ!」とか、「そこはバントだろ!!」といった具合です。自分は全く共感できませんでした。今はよくわかります。

なるほど、自分が野球に興味が無かっただけで、自分がしっかり「ハマルと」人に突っ込みたくてしょうがないようです。

ミラーリング効果とでも呼ぶのでしょうか。あたかも、私がプレイしている気分になってしまう。本当は娘が遊んでいるにもかかわらずです。そうして、感情をぶつけてしまうようです。

必要なお作法は、「娘の気づき」まで含めて鑑賞すること

こんな観方で終始プレイの邪魔をしていたら、いくら両親の言うことを聞く娘であっても、怒り心頭はすぐ間近。ドラクエが嫌いになってしまうかもしれません。さてどうしたものか。

そんな時に思い出したのがこの言葉です

(経験していることと、すでに知っている知識がくっつくと気持ちが良いものです)

授人以魚 不如授人以漁 

 ~魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ  老子

これまでの観方は、「俺が、プレイの最適解を知っている、この通りにやれば間違いない!」というやり方でした。いうなればティーチング、教える手法です。でもこれでは娘は楽しくない。なにより一番の楽しいはずの「考える」機会が失われてしまいます。

 

老子が言っているのは、魚(答え)与えるよりも、魚の釣り方(考え方)を教えろということ。つまり、どうプレイすればよいか、その考え方を伝えること。そして、本人に考えさせることを大切にしています。こちらはコーチングです。

 

「次の目的地は、メダル女学園だ!」と、次の目的地を指し示すのではなく、「さっき仲間と話したときに、どこに行こうと誘ってた?」と記憶を頼りに聞いてみる。

戦闘中は「次は左はじのスライムナイトを攻撃な(敵を減らす!)」ではなく、「どのモンスターを叩けば相手からの攻撃が少なくなると思う?」と戦術を聞いてみる。

 

こうした質問で、ストレスだった鑑賞が、考える(考えさせる)機会だらけのツールに早変わりしました。私も質問力が鍛えられますし、一石二鳥です。考え方次第。伝え方次第。新たな発見でした。

 

しばらくは自分のプレイよりも娘のドラクエ鑑賞を楽しみます。

次はお盆の夏休み。まさか、それまでにクリアしていなければいいのですが。