日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

自宅にあって、断捨離しやすい場所はここ〜●●バックの中身を半分捨てました

断捨離ウィークエンドです。いつもより時間をかけられる分、普段全く目を向けない場所にチャレンジです。

工具箱、最近あけました?

f:id:karasumiyama:20180729093513j:plain

今日のテーマは工具箱。

皆さん、そもそもご自宅の工具箱がどこにあるか、ご存知ですか?

DIYをしている方なら、専用の部屋があるかもしれません。私は自宅で使うことは皆無。特に、家を建ててから使う機会が更に減りました。玄関の片隅に、ドン!と置きっぱなしです。

なんで使いもしないのに写真のような工具バックをもっているのか。それは前職に由来します。

もともと娯楽業で働いていたので、業務用機械ー当時は筐体(きょうたい)と読んでいましたーを毎日のようにいじっていたのです。

そのため同じドライバーが3本入っていたり、自宅では使わないような工具もチラホラと。断捨離するにふさわしい状況でした。

そんなことも事前に知っていたはずでしたが、いざ「減らそう!」と思ってバッグを開けないと、簡単な事実にも気づかないものです。

f:id:karasumiyama:20180729094635j:plain

ちなみにこれ、なんだかわかりますか?

答えは、ゲーム機械の中の「釘」を微調整するための、道具(治具)です。

玉がついている棒で、プレイする部分をさぐりつつ、もう1つの金具を釘にあて、トンカチでカチカチカチ、数ミリ単位で調整します。

いやッ、絶対自宅では使わない逸品!

最後に使ったのが4年以上前ですから、その間はただ持っていただけ。無駄にスペースを取っていました。

最終的に半分に&工具バックも手放します

f:id:karasumiyama:20180729095043j:plain

ネジやら、釘やら、ケーブルやら。

昔の物持ちの良さが出て来る分、捨てる量も今の自分からは想定以上でした。

こんなに使いそうもない品があったんだと実感。久々に断捨離甲斐のあるパートでしたね。

来月のゴミの日にまとめて捨てるつもりです。

断捨離のパターンを分けてみる

今回学んだことは、一見まとまって、整っているようなカテゴリーは要注意だとということです。特に、普段使う機会が少ないモノは。

今回も、バッグにしっかり詰められて、整って保管されていました。

ですが、きれいに保管されている=自分にとって有益に働いているわけではありません。

家の中で大きく場所を取る≒目立つところに無いとはいえ、目の端に入れば無意識に心が働きます。

その働きが、片付いている分小さくなっているだけで、0になるわけではありません。

 

心への無意識な影響がどれくらいか、それを種類と影響度合いで比較してみます。

まず、0か1か(有るか、無いか)が一番影響が大きく、

次に、1か2か(少ないか、多いか)

そして、2か、2.3333か(片付いているか、散らかっているか)

 この分類で考えると、今回の断捨離は、2を1にしたと言えます。さすがに自宅を持つ身として、工具を0にするのは抵抗がありますからね。ただし、将来的には1を0.5にするときが来るかもしれません。

おすすめ

ご自宅の中で、次のスペースを「何か減らせないかな?と思いながら」開けてみてください。普段過ごしている場所以上要らないものがたくさん見つかりますよ(しかも手放す抵抗も少ない!)

  1. 工具箱の中(いらない道具)
  2. 脱衣所の物入れ(サンプル化粧品や、使っていない洗剤)
  3. 冷蔵庫(賞味期限切れはもちろん、全く使っていない調味料)
  4. 薬箱(使用期限切れ、かぶってる薬)
  5. 外置きの物置(まさに意識の外になりがちな場所)