日刊あるなし

日常を 遊びのように 楽しく過ごす。ミニマリスト&インドア生活スタイルを日々紹介します。

ゲームのように家事、庭仕事を楽しむ〜画面の中ならすぐできるのに

f:id:karasumiyama:20180722085625j:plain

ファミコンゲームボーイプレイステーション1〜4人生の大半をゲームとともに歩んできました。

「お前はこれまで寝た時間を知っているのか?」と聞かれても、

「君は、これまでゲームをしてきた時間を計測したことがあるか?」と聞かれても、

同じくらい難しい。それくらい人生で没頭してきたのがテレビゲーム、ボードゲームです。

 

その体験もあって、普段から「ゲーム脳」で生活しています。

ゲーム脳といっても、↓こういった、アンチな発言ではありません。あくまで ポジティブな話です。

ゲーム脳の恐怖 (生活人新書)

ゲーム脳の恐怖 (生活人新書)

 

ゲーム脳的な生活

 普段から日々やっていること、やらなきゃいけないことにちょっと考え方を加えることで、自分を奮い立たせる。楽しむように変える。

仕事・家事・地域活動の中で、ちょっとでも、「あ〜〜めんどくさい、サボりたい」と思った時に、考え方を変える方向指示器のように使うのがゲーム脳です。

 

過去に「ゲーミフィケーション」という言葉を使って、この紹介をしたことがありました。テレビの中だけではない、ゲームで使われている仕組みや考え方を自分の生活に当てはめると、ちょっと見方が変わるのです。

www.nogame-nolife.online

 

ゲーム=大人の思考?

先月奥さんからこんなことを言われました。

「大人の定義って、『自分の言葉で、自分の気持ちをコントロールできる人』だよね。ほんと、あなたって・・・」

自分の食い扶持を稼いでいるかどうか、家族を養っているかなど、いろんな定義をこれまで聞いてきましたが、この線引きが一番しっくりきます(後半の愚痴は黙殺します)

職場で気分のまま振る舞う人(主に不機嫌)、家族と過ごしていてもその気持ちを全く顧みない人。例を上げたらきりがありません。

 

もしゲームのように考えて自分のモチベーションアップに繋げられたら。いつもとやることは何も変わらない。しかし、自分の気持ちは変えられる。これ、どうでしょうか。

セルフコントロールするという点で、「ゲーム化」が1つの手段として効果的です。

ゲームのように世の中を捉えることが、実は大人の思考と大見得切れる日がくるかも!?ゲーム好きとして期待大です。

 

今日はこれをゲーム化、家庭菜園(レベル1:超簡単)

そんな、心持ちで今日臨んだのは、家庭菜園。ブルーベリー狩りです。

これはもともとめんどくさい部類ではないですね。

自分でやりたくて始めたものですから、放っておいて自分は取りにいってたんですが、、、さらに楽しめるようにちょっと始める前に思考準備です。

 ・ミッション:ちょっと暑いけれどブルーベリーを狩ってこよう

 ・ハードル :暑いかも

 ・パーティー:娘(どう連れ出すかがポイント

 ・報酬   :ブルーベリー食べ放題&カロリー消費(ダイエット)

 ・時間制限 :15分以内

 ・追加ミッション:ついでに草むしりもやっとこうか

このくらい考えておくと、「めんどくさい」といった気持ちよりも、

「娘にどう声をかけようか」「ブルーベリーどう食べようか・・」といった

本題に集中できるようになります。

 

しかもその後、

「実際このミッションは成功した?」

「どう声かけすれば良かった?」と前向きな反省会までできる。

家事一つに過ぎないと考えるのは、もったいない。受け方次第で、急に気持ちを向ける価値のあるアクションに化けるのです。 

1分作業をやめて、家事を中断して、ゲームにしてみる。おすすめです。

 

本日のポイント

・ゲーム化は実は大人思考かもしれない

・家事を始める前に、ちょっと考える(まずは、目標とハードル、報酬)

・終わった後に前向きな反省会をしよう

 

ゲーミフィケーション#家事#手伝い#子育て#住まい#家庭菜園